心霊スポット【東京】江古田の森公園は病院があった場所で心霊現象が多発する?

江古田の森公園

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

江古田の森公園は、東京都中野区にある公園で


元病院があったところを更地にして作られました。


元病院であったことから、


公園の至る場所で、心霊現象が多発する事で有名になったようです。


色んな噂が飛び交う公園ですが、


ほとんど嘘と勘違いで固められた、先入観で作られたものでした。


中野区では最恐の心霊スポットだと言われていますが


たった一つの先入観が、ここまで大きくなってしまうという


少し悲しい公園となります。

【住所】東京都中野区江古田3丁目

江古田の森公園はかつて旧日本陸軍中野病院があった

病床

江古田の森公園が作られる前、旧日本陸軍中野病院がありまして、


主に結核患者の隔離のために作られた病院であると言われていました。


しかし、この名前は間違い


正式名称は「国立療養所中野病院」だそうです。


そして建てた目的も違ったとのこと。

国立療養所中野病院の詳細

流れがあるんですが、


まずこの病院が作られた時、


名前は「旧国立療養所中野病院」で、1920年に東京の療養所として作られ


結核治療のために開設された。


そして、現在の江古田の森公園の敷地となっている土地、


その全体が多くの病棟で埋まっていた状態だった。


1967年に「国立療養所中野病院」という名前に変わり、


1993年には新宿の国立医療センターと統廃合し、元国立療養所中野病院は閉館。


2007年に病院を更地にして、今の江古田の森公園を作った。


これが公園になるまでの全体的な流れ。


結核患者の隔離施設は、この中野区にあったのではなく


清瀬市に多数存在していたそうです。


つまり、あくまでも中野区にあった病院は、


結核治療のために病棟が点在していただけで、


隔離施設があったのは清瀬市である


というのが真相のひとつ。


因みに、公園になったあとでも


複数個所に、病棟が残っていたそうで、


肝試しに来た人が、中を見たら不気味な雰囲気が出ていたという話もあったようです。


今では完全に無くなって、病院があった形跡がなくなっています。

江古田の森公園で起きる心霊現象とは

怨念

江古田の森公園では、病院があった場所という事実は変わりなく、


病院であったことから、亡くなった人もいるだろうという事で


恐らく色んな噂が出てきたんだろうと推測。


噂であるのは、

  • 病院で亡くなった人の霊がさまよう
  • 公園の西側が特に心霊現象が多発する
  • 霊感が無くても寒気が走る
  • 霊の目撃が多く、霊能者がある場所を指をさしている霊を見た
  • その霊が指さす方向は、複数の霊が集まってできた恐ろしい霊を指している
  • 霊感が強い人は危険を察知する
  • 入院している患者は、壁から出てくる霊を見た
  • 患者の呪いにより診察中に突然死した医者がいる
  • 病院の個室で、霊に首を絞められた
  • 公園で女性の霊の声が聞こえた
  • おかしな場所から物が落下する
  • 心霊写真が半端なく撮れる

意味不明な数の現象が、江古田の森公園では起きるようだ。


途中からはまだ病院があって、入院していた事がある人が体験しているものですね。

病院で亡くなった患者の霊が出る

もともと結核治療のために建てた、国立療養所中野病院。


治療のための病院であったとはいえ、


少なくても、亡くなった人は居るだろうとは思います。


その幽霊が公園内にさまよっている噂や、目撃が後を絶たない。


特に、公園の西側での目撃が多い。


なぜ西側なのか。


噂の中では、公園内の西側に「隔離病棟」があったと思われる場所があり


それが原因で心霊現象が多いという話。


しかしながら、これは先ほども話したように


隔離病棟があったのは清瀬市で、


この「国立療養所中野病院」は隔離施設ではなく、


あくまでも結核治療を目的で建てたもの。


なので、現象の理由自体が間違っているということですね。


そして、この西側にあったのは、隔離施設ではなく


火葬施設」。


仮に、西側での現象の多発が本当だとしたら


それは、亡くなった患者さんを火葬していたため、


そのが、公園の西側で残ってしまっている


というのが理由になってくるんじゃないかなと思います。


あと、西側に川が流れていますが


どうも、その川によって幽霊が集まりやすくなっている原因を作っている


ということも書かれていました。


真相は謎ですが、西側に関しては、


夜はあまり歩かない方が良いみたいですので、注意しましょう。

廃墟としてまだ残っていた時、女性の霊が霊の集合体に指をさしていた

ある霊能者が病院廃墟に訪れた際、


女性の霊を見るのですが、その女性が「ある場所」を指さしていて


それが、多くの霊が集まって、


邪悪な霊として存在しているものがいることを警告している


ということだそう。


他の心霊スポットでも、場所によっては


複数の霊が集合体となって、ヤバイ存在になっていることがあります。


こういった存在は非常に危険で、


絶対に行ってはいけません。


しかし、この場所の場合


色んな憶測が飛び交い、その多くが間違いで


偽りの話が出来てしまっています。


なので、この霊能者の話は、ここではなく、


清瀬市にあった隔離施設のことを言っている可能性もある。


とはいえ、あくまでも噂ですからね。


信じるか信じないかはあなたにお任せします。

入院している時に壁から霊が出てくる

最近のホラー映画やドラマでは、


病院の話の時、


入院している時に、様々な心霊体験、霊に襲われるというシーンがありますが


その現象が、病院があったころ、体験している人がいるようです。


そして、中には無数の手で自分の首を絞めてきた


なんて話も。


あるんですが、これも恐らく結核患者の隔離施設だったという


偽りの話が憶測で、噂として広まった関係で出てきたと思われます。


なんというか、隔離施設があったという憶測だけで


ここまで話が出てくるという、一つの恐怖を僕は感じてしまいますね。


実際に国立療養所中野病院で、入院経験がある人の話では


そのような体験はしたことがないという意見が大半となっており、


そういったことを考えると、一種のプロパガンダとなっているように思う。

医者が診察中に謎の突然死?

詳細が明らかになっていないため、なんともいえないのですが


まだ病院が営業していたとき、


ある医者が、診察中に急死するという騒ぎがあったそう。


しかも複数の病棟施設で起きていたらしい。


理由としては、霊の呪いではないかという見方が強いです。


ここは、普通の病棟以外に


お金がない貧困患者を隔離し、


患者を、亡くなるまで放置することをやっていた施設があったよう。


しかし、その真相は分からぬままで


恐怖を煽るために広めた話の可能性もある。


ただ、何度も申しているように、


清瀬市に隔離施設が多くあった事は事実で、


そこでの話を、織り交ぜてしまっている事も考えられるため、


完全に否定できるものでは無い事は言っておきたいと思います。

心霊写真が多く撮れる

公園にまだ病院の廃墟があった時、


肝試しに来ていた人たちが、建物内で写真を撮ると「写る」のだという。


それも一枚だけではなく、何枚も撮れるらしい。


もともと病院があった場所で、


ここは「結核治療」を目的として建てられた。


結核は「不治の病」と当時は言われていて、


結核を治す方法や薬が開発されるまで、


多くの人が亡くなったんじゃないかと思います。


なので、亡くなった病棟では「」が残っていてもおかしくはない。


しかし、不治の病にかかり、治療方法が無いって考えれば


死ぬしかないという気持ちにならざるを得ない。


そう考えれば、当時の患者の方々の苦しみは、僕らも理解すべきだと思いますね。

江古田の森公園にあった病院の認識の間違いで広まった噂の真相

ばつ

江古田の森公園の前にあった病院が、


結核患者の隔離病棟だと思われていた時に、広まってしまった噂は

  • 中野病院では脳の研究を行っていた
  • 猿を使った脳の実験
  • 検体への扱いが悪く、臓器をバケツに山積みにして放置
  • 中野病院は当時、陸軍の指揮下にあって、脳の研究時に反体制派の取り締まり目的でロボトミー手術をした

などがあった。

※ロボトミー手術とは、記憶のメモリーがある前頭葉を切って思考が出来ないようにしてしまう手術

脳の研究について

国立療養所中野病院はしつこいようだが、


結核治療」のために病院を開設した。


なので、脳の研究自体行った記述はない。


となれば、ロボトミー手術もここではなく、別の施設で行われていたということ。


ここではないが、実際に中野区で戦争時に、さまざまな実験が行われていた場所がある。


「ロボトミー手術」以外にも


特殊兵器の研究」「放射能を出す物質の研究」「薬開発のための治験


などが盛んにおこなわれていた。

臓器の放置

検体の臓器を粗末に扱い、バケツの中に山積みにして放置していた


という話はどうやら本当らしい。


しかも、まだ廃墟があった時、


建物内で実際に臓器が入ったバケツを見つけた人が多くいた。


匂いは、なぜかしなかったとのことだが、


いくら検体のためとはいえ、人の臓器を粗末に扱う事は許されません。


この件に関しては、警察も入っていて、不法投棄で問題になったそう。


一説によれば、この問題が原因で統合して閉館したんじゃないかという話もありましたね。


一応、新宿の国立医療センターと統廃合し、閉館しただけだとなっているので


微妙なところではあるんですが、


どっちにしろ、臓器にも人間の魂は入ってますから、


そういった粗末な扱いをすれば、怨念として残りかねない。


そのバケツがあった廃墟跡に、幽霊を見たという噂もあり、


夜に来る際は気を付けた方がいいと思われる。

まとめ

今回は、旧日本陸軍中野病院があった場所に公園を作ったという、


江古田の森公園について書いてきました。


そもそも、病院についての間違いが多く、


そこから出てきた憶測によって、恐怖の心霊スポットとして有名になってしまいました。


✖「旧日本陸軍中野病院」➡〇「国立療養所中野病院


✖「結核患者の隔離病棟」➡〇「結核治療のための病棟


✖「脳の研究」➡〇「結核治療のための病棟なので脳の研究は行っていない


など、ここからの間違いが、


最終的に「中野区最恐の心霊スポットだ!!」


という流れに。


もちろん、病院であったこと自体はまぎれもない事実で、


「臓器を不法投棄で粗末に扱う」


「公園の西側は火葬施設だった」


などのことから、亡くなった方々の、色んな念が残っている事は間違いない。


ただ、昼間は特に問題なく、


普通に休憩所として使われたり、ジョギングしている人、子供たちが遊んでいたり


と、多くの人が訪れる場所でもある。


しかし、夜は人が少なく、箇所によっては明かりがないところもあるようで


良くないトラブルに巻き込まれる可能性はあります。


あと、公園の西側は少し空気が違っていて、


霊感がある人は歩けない話もあるので、


西側もなるべく夜は行かない方が良いとは思いますが


もし行くのであれば、不審者も含め、十分にお気を付けください。

最初のコメントをしよう

必須