【福島】高麗橋(幽霊橋)は自殺が多い心霊スポット?その背景には怖い伝説がある?

赤い橋

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

福島県いわき市にある橋、「高麗橋」。


ここはとある伝説より、自殺が多発する場所と言われていて、


別名「幽霊橋」と呼ばれている。


大阪にも高麗橋(大きい橋)があるが、


今回紹介するのは福島県の方の高麗橋。


橋としては小さく、下に国道399号線が通り、


周りには住宅も多く、普通に生活用で利用される。

高麗橋への行き方

高麗橋へ行くためには、その下を通る国道399号線を通る必要があります。


高麗橋の下を通った後、すぐ左手に戻る方向(郵便局がある)の道があるので、


そこへ入ったらひたすら上って行きますが、途中で道が狭くなるので注意してください。


あとは上って行くと、「止まれ」の標識が出てくるので、その交差点を左へ曲がると橋に着きます。

【住所】福島県いわき市平杉平19-5

高麗橋(幽霊橋)の伝説

歴史

高麗橋は、藩政時代にあった磐城平城の門に通じる橋としてあった。


戊辰戦争の時、この磐城平城が落城してしまうのだが、


その際に女性や子供が橋から身を投げてしまったという。


この伝説についての信憑性は無いですが、少なくとも磐城平城に関係した橋なのは確か。


実際に戊辰戦争において、磐城平城の大手門として存在している。

高麗橋(幽霊橋)は昔から飛び降りが多かった?

バンジージャンプ

高麗橋は明治あたりから存在していたが、


その時から飛び降りによる自殺が多かったと言われている。


その影響からか、399号線を通っている際に橋の下を通ると、飛び降りする霊が目撃されるという。


幽霊橋」という通称は、ここからきている。


もっとも、ここは1868年の戊辰戦争で明治政府軍に敗れ、城を燃やしている事から、


この戦いで多くの兵士が亡くなっている事が予測され、その幽霊が高麗橋にも彷徨っていることも考えられる。


つまり、飛び降り自殺をした人ではなく、戦いで犠牲になった兵士の霊を見てしまった可能性もあり得るという事だ。

高麗橋(幽霊橋)では振り返ってはいけない?

お化けが近くにいる

ある噂では、高麗橋を渡る時、後ろを振り返ってはいけないという話がある。


理由は、もし振り返ってしまったら、橋に居る霊に憑りつかれるんだとか。


つまり、例えば渡っている最中に、


気配、などなどを後ろから聞こえたり、感じ取ったりした場合


後ろを振り返ってしまうと憑りつかれてしまうということ。


なので、もし聞こえたり、感じるものがあっても、渡り終えるまでは気にせず行った方が良いでしょう。

高麗橋(幽霊橋)は周りが民家だらけです

レッドカード

もしかしたらこの記事や、別の記事で見て実際に行こうとする方がいらっしゃると思いますが、


この高麗橋は住宅街の中にある橋なので、周りが家だらけです。


つまり、仮にそこで騒いだりした場合、迷惑行為とみなされて通報されることも考えられるでしょう。


また、車を停める場所が実際のところ無く、あっても違うところに停めて歩いて橋まで行く必要が。


歩いて行く場合、国道399号線を歩くのであれば、橋の下に階段があってそのまま高麗橋に直で行けるので


その方法で行くのもありです。

まとめ

今回は、福島県いわき市にある高麗橋、通称「幽霊橋」について記事を書いてきました。


飛び降り自殺が本当にあったのか不明ですね。(関係した記事が見つからず


でも逆に、下を車が行き交うことから人によっては、飛び降りて車に轢かれることもあるかもしれない。


ただ住宅が多いので、やる人はさすがに居ないとは思いますが・・・


高麗橋に来る際は、騒ぐと通報される可能性が高いので、近所迷惑にだけならないようにお願いします。

最初のコメントをしよう

必須