心霊スポット【岩手】盛岡中央病院跡地の公園は亡くなった人の想いが残る場所?

公園

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

盛岡中央病院跡地の公園は、岩手県盛岡市にある公園で


公園の名称としては、「緑の広場」になります。


この公園は、元中央病院があったところで


閉館したのち、病院を解体して、そこに「緑の広場」が作られました。


周りにたくさんのビルや、数々の飲食店やお店が並ぶ中に存在している公園なので


昼間では休憩所として、多くの人がこの公園を利用しています。

【住所】岩手県盛岡市本町通1丁目1

盛岡中央病院跡地の公園はなぜ心霊スポットに?

なぜ?

緑の広場では、昼間は多くの人が休憩で利用されていますが


もともと、中央病院という大きい病院があったことから


夜は昼間とは変わって、その公園だけが気味悪い空気を放っているらしく、


夜は人はあまり通らないようです。


実際に霊を見たという人や、霊体験があった人が多い事もあって


それがまた、この公園の前を通らなかったり、休憩する人がいない理由になっている。


因みに、中央病院の事に関しての情報が無かったので、いつ閉館されたのか、閉館理由は不明です。


※もし詳しい方いらっしゃいましたら情報を頂けますと幸いです。

盛岡中央病院跡地の公園では亡くなった患者の霊が出る

車椅子

病院跡地のところに公園を作ったわけなので、


これは仕方ないと思います。


大きい病院であった以上は、亡くなった患者さんも多かったでしょうし、


どうしても念は残りやすい。


話としては、真夜中にパジャマを着た方の霊が出るそうです。


パジャマ姿というのは、


これは入院時はパジャマを着ているところから、念として出ているのだと思います。(実際は入院用の服ですが)


あとはそれに関連してか、半透明の霊を見た人が多いそうです。


半透明と考えると、恐らく霊力は弱めで、


普通に公園で休憩しているかのような、そんなイメージじゃないかなと思えなくもない。


つまり、仮に霊が居たとしても、そこまで気にしなくても良いというか、


危害は加えないような霊じゃないかなと個人的には思います。

盛岡中央病院跡地の公園で老人が誰かと喋っている光景が

老人の会話

夜の公園に来た時、中には、


老人が一人しかいないはずなのに、


誰かと会話している光景を見たという人が多いみたいです。


その場所というのは、公園内にある「東屋」。


東屋はちょうど、わずかにのような感じになっているところにあります。


ここって霊が居やすい場所でもあったりするんですが、


僕もある公園で、丘になっているところに、岩をくりぬいて作った滑り台がありまして


その滑り台の中(人が入れるような空間)に霊が居たりしていた事があった。


霊は丘のような、上に上がるような場所には集まりやすい。


そういったことから、この公園の東屋も、霊が休憩する場所として居座っているのかもしれません。


逆に老人同士で会話している霊なら、


入院している時に同じ病室内で、会話している老人の方々が居ますが


そんな感じで、誰かと世間話がしたい、会話をしたい


という想いが、として出ているように感じますね。

盛岡中央病院跡地の公園は心霊スポットという感じがしない

きれいな海

病院跡地で、そこに公園を作ってしまった以上は


霊が居やすいのはしょうがないと思う。


霊が居たとしても、危害を加えるように見えないし、


むしろ放っておいてくれ


という風に思っているようにも感じる。


逆にそこよりも、公園の周りが暗いので、


特に女性ですが、不審者とかに注意する方が重要じゃないかと思う。


夜の公園は危ないとも言いますからね。


いずれにせよ、普通に公園内に居る分には問題ないと思うので


不審者にだけは注意してもらいたいなと思います。

最初のコメントをしよう

必須