心霊スポット【静岡】千本浜の首塚は大戦の兵士が自らの首を探し彷徨う

首塚

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

武田軍、小田原の北条軍が戦った、「千本浜の戦い」の場所。

【場所】 静岡県沼津市本1910−185

この場所での噂

首塚という名前が付いている理由は、千本浜の戦いにおいて首を切られた兵士が105人以上居て、その首の頭蓋骨が周辺にある浜辺に埋められているのを発見し、その首を収めるために慰霊碑を作った事からこの名前が付いた。


噂としては、

①頭の無い武士が歩いている。

②火の玉が浮遊している。

③千本浜で泳ぐと引きずりこまれる。

④どこからか不明だが、鳴き声が聞こえる。


といった具合である。名前からして武士関連の噂が多い。

実際はどうなの?

火の玉はその武士が関連しているとは言いにくい。別の何かの可能性がある。


体験談では、首を求めているような声が聞こえた、がある。


僕個人としては、色々この場所は心霊スポットになり得る環境が整っていると思っていて、この首塚はもちろん、その周りには公園や、があるので、環境的に霊が集まりやすい。


そしてそれよりも、気になる話で、その首塚よりも、その場所から少し離れた場所に戦没者の慰霊碑があって、そっちの方が雰囲気的にあるという情報です。


しかもその周りは墓地になっているというところで、個人的には、こっちの方が気になりますね。


もしここに来たら、首塚もそうですが、周りの公園、浜辺、戦没者の慰霊碑、あたりを調べて、おおまかな状況を知れたらと思います。

注意するべきこと

この場所はアクセスが非常に楽で、かなり整備されていてきれいにされているのと、駐車場もあったりして、且つ6時から21時まで無料開放されているので、探索するには凄く良い環境になっています。それ以降はもちろん入れなくなってしまいますが、公園自体は入る事は可能。


ですが、その代わりに、周辺にはがたくさんあります。なので、いくら入りやすいからといって、近所迷惑になるような事は絶対にやめましょう。騒いだりするとかですね。


マナーを守って行けば良いだけの話なので、探索するのであれば、守るべきことはしっかり守りましょう。

 

最初のコメントをしよう

必須