心霊スポット【栃木】湯泉神社は首が180度回転する自殺者の霊が出る?

神社のホラーイメージ
LINE登録用バナー

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

湯泉神社は、栃木県烏山市にある神社。


湯泉神社そのものは、栃木県で約20件弱ほど存在しており


そのうちの一つが烏山市にある。


この場所の湯泉神社は、林の中にひっそり佇んでいる神社で


林のすぐ隣には、どこで管理されているのか不明な墓地がある。

【住所】栃木県那須烏山市大金110

湯泉神社では昔、首吊り自殺した人がいる?

警察署のイメージ

時期は不明ですが、かなり昔の時、


湯泉神社の境内で首つり自殺をした青年がいたようで


その霊が境内で、姿を現すと言われている。


ただ、他の神社でもそういった首吊りは多く、


この湯泉神社でも起きたのかと言われれば、そうとは限らない。


神社である以上は、御神体があって祀られている訳で、


そうなれば、そこには不思議な力が出ている事は考えられるため、


浮遊霊がやってきて神社に居座る事はありえます。


とはいえ、実際に首吊りがあって、それを知られたくないことから


遺族が報道しないでほしいと頼んで、ニュースとして流さない


みたいなことはあるので、その限りではない。


一応調べましたが、情報は出てきませんでした。

湯泉神社の境内で180度首が回転する霊が目撃される?

フクロウ

青年が首吊り自殺をしたという噂が流れてから、


神社の境内の空気が、今までとは違うものに変わったらしい。


その後、噂を聞きつけた、とある青年が肝試しにやってきた。


そして、そこではなんと、首が180度回転するという


生身の人間では絶対に出来ない現象(人)を見てしまったそう。


180度回転するという時点で、この世のものでないことは明白ですが


実際に見てしまったら、確実にチビりますね。

湯泉神社の境内で自殺した青年と首が回転する霊の関係性

考える女性

首吊り自殺をした青年と、首が180度回転する霊との関係性としては


無くはないでしょうけど、冒頭で、


林の隣に管理者不明の墓地がある、とお話ししましたが


その墓地に眠る霊が、その現象を起こしている可能性は十分考えられます。


昼間は立派な鳥居と、そこから境内までの距離が短かったりして、


どういった神社なのかを確かめるには、全然問題ないと思いますが


夜はかなり雰囲気が出る場所となるでしょうし、


墓地に眠る幽霊さんが、境内をうろついているかもしれません。


ただ、周りは中学校や電車、住宅も多いので


昼の場合でも夜の場合でも、何か起きてもなるべく騒がないようにしつつ探索しましょう。

栃木県の心霊スポットの記事はこちら

心霊スポット【栃木】足尾銅山は鉱毒事件の歴史が残る場所

霊障や心霊現象、運気が悪くなったと感じる方へ

「最近自分の周りで変なことが起きるようになった」


「ある心霊スポットに行ったら、その日から金縛りや心霊現象などの霊障が起きるようになって困っている」


「ある日を境に急に体調が優れない日々が続くようになった」


「最近生死を彷徨うような病気に掛かったり、事故に巻き込まれるようになった」


などの出来事が起きるようになって、


「どうすればこれらの問題を解決できるのか分からないので教えてほしい」


といった話が多く散見されるようになりました。


そこで上記の悩みを自分で解決できるセルフお祓いの仕方や効果、もしそれでも解決できなかったらするべきことなどをまとめた記事を書きました。


もし先ほどのような悩みを今抱えていて、


「なんとかこの問題を解決したい!!」


と思っていたり、興味がある方がおられましたら、この記事を参考にしてみてください。

効果があるセルフお祓いの仕方とは?自分でできる簡単なやり方でスッキリ解決!

心霊スポットに興味がある方へ

心霊スポットに行きたい方にご紹介したいアイテムがございます。


その名も「ばけたん」です。


ばけたんは「株式会社ソリッドアライアンス」が開発した道具で、これはおばけの居る場所に持っていき、本当におばけが居るのかどうかを色で教えてくれる物です。


何も持たずに心霊スポットへ行くよりも、この「ばけたん」を持っていくことで肝試しがさらに楽しくなるでしょう。


下記の記事では「ばけたん」についての具体的な詳細と、実際に僕の友人がばけたんを使いまくったのですが、その中でリアルに印象に残った体験談も紹介していますので、興味がありましたら参考にしてみてください。

【おばけ探知機】ばけたん霊石の仕組みとは?その原理とガチの体験談を語ります

LINE登録用バナー

最初のコメントをしよう

必須