心霊スポット【静岡】夜泣き石は遠州七不思議伝説より語り継がれし場所

夜泣き石

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

この「夜泣き石」は、遠州七不思議にある伝説のスポットの1つとなっている有名な場所。

【場所】  静岡県掛川市佐夜鹿

この場所での噂

夜泣き石で言われている噂に関しては、その名前の通り、夜になった際に、その石から女性、もしくは赤ん坊の泣き声が聞こえるというもの。


そして、このに触れると、取り憑かれるといった話もあるそう。


基本的には七不思議の1つという事で、伝説スポットで有名だが、上記の話もあり、心霊スポットとしても静岡県において、ネットで多くの記事が存在する事もあるなど、有名。


この石は2つ存在し、久延寺の境内と国道1号線沿いと分かれるのだが、正しくは国道1号線にある方の石。


この夜泣き石のそもそもの話だが、ネットで出ている話を要約すると、


小夜の中山に、「お石」という女性が住んでいて、菊川の里で仕事をした後、その帰りに轟業右衛門という男に斬り殺されてしまい、お金を奪われた。


その後、久延寺の和尚が、お石が身ごもっていた子供を発見し、音八と名付けて育てる。


音八が成長していった後、音八は大和の国の刀研師の弟子となって有名に。


刀研師になってからある日、客が持っていた刀を見た際に、刃こぼれをしていた為に残念だとつぶやいた。


客はそれに対し、


去る十数年前、小夜の中山の丸石の附近で妊婦を斬り捨てた際に、石にあたっのだ


と答えた為、音八はこの男が母親を殺した犯人と分かり、名乗りを上げてその恨みを晴らした。


その後に、その話を聞いて同情した弘法大師が、石に仏号を刻んでいった。


という話。

実際はどうなの?

噂は石から女性、赤ん坊の泣き声が聞こえるという事ですが、実際に話が本当なら、近くにそのが置かれていたのであれば、その近くで斬り殺されてしまっているので、その念が石に宿った、となっても別段不思議ではないかなと個人的には感じますね。


何かの力が宿っている物に対して安易に触る
というのは、そもそもあまりよろしくない。


触った方がご利益があるものはもちろん存在しますが、当然そればかりではありません。


なので、基本はそういった場所の管理人なり、案内人なりから言われたりしない限り、見るだけにするのが吉かなと思います。

最初のコメントをしよう

必須