【体験談】滝沢展望台で起きた本当にヤバイ心霊現象を公開する

暗闇から手

滝沢展望台の調査に関しては前回紹介しましたが、僕自身が旧本坂トンネルと同じぐらいの回数で行っていた場所が滝沢展望台で、そこではホントにいろんな体験をしてきました。今回はその中でも特にヤバイ体験を紹介していきたいと思います。


※これから紹介するものは、全て自分を含め4人で行った時になります。

体験談1


その時は夜中2時を回っていた時だったのですが、滝沢展望台に来た時、「トイレ」からイヤな感じというのが結構強く、誰も車から降りたがらなかったんですね。


なので、車で駐車場に着いたものの、車内で展望台の様子を伺っていました。


少し時間が経った時に、霊感の無い友人(以下Sとします)が、


よーし、写真撮ってみよー


と言って、Sがスマホを取り出して、展望台を写真で撮ったのです。そしたら、


おい、普通に霊が写ってるじゃねーか


と霊感を持っている友人(以下Y、Kとします)が言い、


何してくれてんだー


と、僕も思わず叫んでしまいました。


写真には、見事にが写ってしまい、YとKが写真に何人も霊が写っていると言うので、Tが、


今すぐにその写真を消去しろ


言いました。


とりあえず写真は消去したのですが・・・


既にここから心霊現象は始まっていたのです。


心霊写真を撮ってしまった後なので、このまま居るのは危険であると判断し、すぐに展望台から離れる事にしました。


その時、車内ではKが良くYの車で流していた、「シド」のアルバムを聴きながら逃げていたんですが、下りる途中で展望台が見える場所がありまして、そこからシドの「ある曲」になった途端、いきなりおかしくなったのです。


説明するとなると難しいので、イメージとしてとらえて頂きたいのですが、通常CDを流している時というのは、当たり前ですが、曲は永遠とループしながら流れますよね?それは当然、歌詞も曲調も一切変わらずその曲としてしっかり再生されていきます。


なのですが、例えば、


「あの日見た空  茜色の空をねえ  君は憶えていますか」


という歌詞があったとすると、


あ、あ、あの日見たそ、そ、そ、空 茜色の空をね、ね、ねえ 君は憶えて、て、て、ていますか、か、か・・・


といった感じで、変な雑音が入り混じりながら、このような曲の流れ方をしていたのです。


しかも、他の曲は全て通常再生されていて、「その曲」だけが、何故かこのような再生のされ方をしていました。


僕とSは霊感が無いので分からなかったんですが、YとKは、


この曲が再生されている時に、同時に女か男の声がところどころ入ってる


と言いました。


これは完全に霊がCDか、オーディオそのものに入り込んだなと僕らは推測し、とにかくその場から抜ける事を考えました。


ここは引佐町にある為、その引佐町自体から抜ければ、霊がそこがテリトリーであれば消えるだろうとYが言ったので、とりあえず抜けてみました。


細江町に入り、試しにCDを入れなおしたところ、問題だった曲も通常再生されるようになったので、適当にコンビニに寄って休憩し、その時は事なきを得ました。


しかし直ったとは言っても、一回霊に入られたCDなので、持っておきたくないとKが言い、処分しました(笑)

体験談2

これは夜中0時回る前だったと思います。


いつものように暇だからと滝沢展望台に来て、車内で過ごしていました。


実は滝沢展望台に繋がっているルートが3つあって、通常は滝沢町の学校の目の前を通って向かうルートで行くんですが、他にスズキの工場があるところから迎えるルートがあります。(いわゆる裏から入るルート


このルートで来る場合は、前回の記事で紹介をした、「秋葉神社」の前を通って辿り着きます。


そのルートから、「ある軽自動車」がやってきました。その軽自動車に違和感があったのですが、何故かというと、


どの目的で滝沢展望台に来るにしても、必ずと言っていいほど通常ルート(学校のあるところから)で他の人間たちは来るからです。


つまり、その裏から来るルートのここへの行き方というのは、僕ら含めて極少数しか知りません。


なので違和感があったんですね。ましてやこんな夜中に来るわけですから。まあまともじゃねーだろうなと。まあ既にそこに居る僕らもまともではないですが(笑)


そしてその車が来た途端、Yがいきなり、


逃げるぞ


と言い出し、すぐさま駐車場から猛スピードで下り始めたのです。


何があったんだ?

 

と聞くと、Yが、


あの軽、かなりヤバイものが憑いてる


と、言い。Kも同じく、


あれはマジでヤバイ。追いつかれる前に逃げないと俺ら終わるぞ


その車が来た瞬間、かなりの霊気を感じたらしく、拒否反応を起こすくらいに危険であると思ったそうです。


そしてこの時間に来るわけなので、あれは取り憑いてる霊が運転手をここまで導いてきたんじゃないかと。恐らく今回だけでなく、定期的にそれによって導かれて滝沢展望台に来ていると予測しました。


KとYによると、あの車(運転手)に取り憑いてる霊は、恐らくこの滝沢展望台に存在する霊達のリーダーではないか。とのこと。


相当の霊気を持っているそうなので、間違いはないかもしれません。


結局その車は僕らが逃げた後、展望台に留まっていたようです。

まとめ

色んな体験をしてきて、その中でも特にヤバすぎた話をしてきましたが、この場所では普通に心霊写真が撮れてしまうと思いますし、それによって心霊現象が起きる可能性が高いと思います。


普通に来る分にはそこまでではないですが、少なくとも写真は撮らない方が、今回の体験談から判断できます。それでも撮ってみたいというのであれば構いませんが、自己責任で。


そして、もし夜中に裏ルートから来た「軽自動車」がいたら、かなり気を付けた方が良いと思われます。


今回紹介した「軽自動車」の可能性が高いので。

最初のコメントをしよう

必須