心霊スポット【長野】人肉館(茶臼山荘)の事件の多くはデマである

廃墟と立ち入り禁止看板

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

人肉館(茶臼山荘)は


長野県において、最恐の心霊スポットの一つと言われている。


その理由は、その名前。


何故この名前で呼ばれるようになったのか。


そして、事件が多く語られているが


実際はどうなのか。


この記事で明らかにしていきたいと思います。


【場所】長野県松本市浅間温泉3丁目25-10

何故人肉館と呼ばれるようになったのか

羊

この建物は、正式名称は茶臼山荘。


つまり、山の中の別荘、または店ということになる。


しかしこの人肉館という名称は、


昔は、車が100台入れるような大きな駐車場と


辺りが一望できる展望台がウリで、店自体は反映していたが


途中から店が経営不振になり、肉を調達できなくなったので


追い詰められた店主が、やってきた人を殺害し、その人物の肉を提供した


という噂から、人の肉という意味で付けられたと言われている。


ところが、この茶臼山荘で提供していた料理の中で


ジンギスカン(羊)の肉を使った料理があり


そのジンギスカンをもじって(勘違いして?)


人肉館という名前が付いた、というのが実際のところのよう。


まさかのオヤジギャグで広まったものが


こんなことになるとは、誰も思わなかったでしょう。

人肉館(茶臼山荘)ではどんな噂が?

虫眼鏡

名前が人肉館で


その名前から人の肉を提供していた話が広まったけど


心霊スポットとして広まった理由は、これだけではない。

生活苦で一家心中を起こした

経営難の影響で生活が苦しくなり


一家心中を起こした、というもの。


よく思うのですが


この一家心中って話は、どこから出てくるんでしょうか?


そもそも、それほどの事件があったなら


普通にニュースになりませんかね。


以前に僕は、静岡の新田さん家を書きましたが


その場所も、一家心中の話がめっちゃ出てましたけど


結局そんなことは一切なく


普通に引っ越して、普通に今でも夫婦は生活している事が分かってます。

新田さん家https://uidhibiasudhiu.com/spirit-nittasanchi-whole-family-lie/

強盗に一家を惨殺された

これも同じですが


ニュースになっていないのに、何故こんな話が出てくるのか。


「1人だけ殺害されました」


とかになってくると、多少隠したり出来るんでしょうが


一家だと話は変わってくる。


色んな証拠が残り、血痕もそこら中に残るから、普通に隠し通しは無理です。


多分、一斉に、いきなりいなくなったから


そんな話が噂で出てくるんじゃないかと思う。


さっきの一家心中も同じ。

人肉館(茶臼山荘)での霊的な噂はどうか

怪談

事件ばかり目立つような、噂が多い人肉館ですが


当然霊的な話も出てきます。

  • 店主が自殺し、その霊が出る
  • 肝試しで行ったら、車に無数の手形が残っていた
  • 女子トイレが異様に気持ち悪い
  • 老婆の霊
  • 男性の霊

霊自体居るかはさておき


妙な体験をした人も居るようです。

女子トイレに人形がくくりつけられていた

女子トイレにきたら、そこには何故か人形がくくりつけられていたようで


誰が何のためにやったのか、全くの謎。


当然ながら、この建物が廃墟になったときに


肝試しで来た人間が、いたずらでやったんだろうなとは思いますが


それでも気持ち悪い。


そして、そのトイレからは異様な空気が感じられたので


逃げるように帰ったとか。

ホームレスがリアルにその場に居た?

肝試しで来た2人組が


中で探索をしていたら、誰かが逃げるような足音がしたんだそう。


しかもその周辺を調べてみると


いかにもさっきまで誰かが居たかのような痕跡が残っていた。


恐くなったので、足音を立てないように静かに退散したそうです。


やっぱり怖いのは、霊ではなく、生きた人間だなと


再認識させられる。

人肉館(茶臼山荘)の現在は?

炎

廃墟になってからだいぶ経ち、それこそ20年以上は経っているはず。


昔は、この飲食店と、民宿があったのだが


2012年にタバコ不始末より、火災が発生。


建物が全焼し、民宿も、ほぼ跡形もなく無くなってしまった。


今では飲食店側の建物が外観だけ残した状態と


あとはトイレが残っているくらいの状態だけ。


廃墟において、タバコの不始末が多すぎませんかね。


それと、建物前は、有刺鉄線が張られていて


入れないような状態になってます。

人肉館(茶臼山荘)の噂の真相

レッドカード

霊はともかく、心霊スポットとして知られた原因である、3つの事件に関しては


全て、完全にデマであることが判明しています。


廃墟になったのも、普通に「経営不振」の理由でなっただけとのこと。


それ以外の事件も当然嘘。


そして、茶臼山荘のオーナーの方は


現在、同じ松本市内で、精肉店でお店を続けているそうです。


そのオーナーの方が、引き続き


元、茶臼山荘の建物も管理しています。


なので、ここに関しては行くのはやめるようにしてください。


行ったとしても、外で見るだけにするか


あるいは、今ではGoogleのストリートビューもあるので


それで満足して頂ければと思います。


因みに、幽霊に関しては、建物が山の上にあるので、


単純に霊が集まりやすいだけだと思われます。


ストリートビューでみたところ、何やら怪しげな慰霊碑や墓?


みたいなものが、山の登り途中にあったので


それが何かの影響を与えているのかもしれません。


いずれにしても、ここは元オーナーがしっかり管理していますので


不用意に行く事だけはお辞めいただくようお願いします。

最初のコメントをしよう

必須