心霊スポット【北海道】ラブホテル・リリ(跡地)は無数の霊魂であふれている?

ホテル

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

ラブホテル・リリ(跡地)は


北海道夕張にあったラブホテル廃墟で、


作りとしては、ラブホテルにしては建物はあまり大きいワケではなく


住居も兼ね備えた作りとなっていた。


稲川淳二氏も「恐怖の現場~終わらない最恐伝説~VOL.3」


にて撮影で来ています。


2008年に不審火により消失し、


ボイラー室と、建物の基礎と外壁だけの状態となっていた。


しかし、2020年になるあたりに解体された模様で、姿を完全に消してしまいました。


【元場所】北海道夕張郡由仁町山形926

ラブホテル・リリはなぜ心霊スポットになったのか?

首吊り

今は無きラブホテル・リリですが、


まだ現存していた頃、


実際に色んな事件が起き、それが幽霊として目撃されるようになったため、


心霊スポットになった説が濃厚とされます。

ボイラー室で白骨遺体が発見された

2004年に、このラブホテル・リリのボイラー室で


首を吊ったとされるような状態で白骨化遺体が発見された。


この白骨遺体は誰なのかというと


実は、このホテルが理由不明の廃業で潰れ、


この建物の所有者の家族が居なくなった数ヶ月後、


ホームレスがこの建物に住み始めた。


しかし、何ヶ月か、何年か経った時


どういうわけか、ボイラー室で首を吊って亡くなった。


そして、そのホームレスの白骨化遺体が、2004年に発見された


という事でした。


でも、ホームレスは当然自殺するために住み着いたわけではないはずなんですよね。


家が無くて寝る場所が無いから、廃墟を見つけて使うワケなので。


これは明らかにおかしい話ですが、


自殺したのは事実。


しかし、その自殺した理由は誰にも分からないため、今でも謎となっている。

殺人事件が2件起きている

これはネットで探しても情報が無かったので、本当にあったのかは定かではありません。


内容としては、現役時に風俗嬢が1人、廃業後にこの家族の祖母?が殺害された


とのこと。


もしかしたら自殺の件と、何か混同している可能性があるので分かりませんが


一応、事件があったとき、警察の黄色のテープ(殺人や自殺があったときに貼る「KEEP OUT 立ち入り禁止」)


があったため、事件自体はガチ。(自殺の方)


ニュースにも新聞にも載った事は事実。


しかし、殺人に関しては情報が出てこないので、事実関係は分からない。


因みに稲川淳二氏が来た時は、ここでは自殺以外に、2階でも人が亡くなっているんじゃないか?


という発言をしていました。


なので、何かおかしいというのは、間違いないですね・・・

ラブホテル・リリでは、どんな心霊現象があったのか?

ドアからたくさんの手

自殺によって大きく有名になったこのホテル。


しかし、当時はそれ以外にも心霊現象があった。

  • 外から2階の窓を見ると、女性が立っていた
  • 扉が誰も居ないのに閉まるポルターガイスト現象
  • カップルの霊が出る

稲川淳二氏は、この建物には、数えきれないほどの霊魂があると言っていて、


特にボイラー室が一番キツイと他のアシスタントも含めて見解を示していましたね。


遺体が見つかったと考えれば、その場所に強い念は残ります。

ラブホテル・リリでなぜ自殺は起きた?

はてな

先ほども言ったように、


ホームレスが自殺するために、このラブホテル・リリに来るという事は無いという話をしました。


となれば、なぜ自殺してしまったのか


ここが最も気になるところ。


見つかった時は、頭に黒い袋をかぶった状態だった。


これだけみると、自殺には見えないですよね。


わざわざ袋をかぶって自殺するというのは、普通ならやらないですし、


そもそも誰も居ないんだから関係ないはず。


となれば、実は他殺の可能性も見えてくる。


しかし、当時の警察の判断では自殺と判定。


ロープもボイラー室にあったようなので。


稲川淳二氏は、この自殺に対しては


恐らくこの家に来たホームレスは、しばらくは普通にここで暮らしていたはず。でもそれが、この建物に居る恐ろしい悪霊が、彼を苦しめて精神的に追い詰め、最終的に首を吊ってしまったのではないか


と話しています。


この場所自体が墓地になっていて、建物を建ててはいけなかった


という話も別のところで書かれていました。


真相は闇の中のまま無くなってしまいましたが


もし、このラブホテル・リリに関して詳しい方がいらっしゃいましたら、


是非情報をいただけると幸いです。

最初のコメントをしよう

必須