心霊スポット【静岡】佐久間ダムはダム・トンネルより先が本当の意味でヤバイ

佐久間ダムの様子

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

佐久間ダムは静岡県と愛知県の県境に位置するダムです。


特徴は155.5メートルの高さを誇る、重力式コンクリートダム。


建設された当時では日本一のダムとして存在し、今では当たり前に使われるようになっている、

  • ダンプカー
  • ショベルカー
  • ブルドーザー

などが一気に普及するきっかけを作ったところでもある。

佐久間ダムは天竜の山の中をひたすら上る

佐久間ダムへ行くためには、天竜の山を北へとにかく走っていく事で辿り着きます。

天竜郵便局のある交差点を北上
      ↓
山東の交差点を佐久間・水窪方面行きへ
      ↓
大井橋の交差点を佐久間方面行きへ
      ↓
中部の交差点を佐久間ダム方面へ


【住所】 静岡県浜松市天竜区佐久間町佐久間2552-3    

佐久間ダムのどこで目撃があるのか

ヘルメット

佐久間ダムで目撃される場所は2つあり、


一つはダムそのもの、そしてもう一つは「ダムを挟む2つのトンネル」です。

佐久間ダムは建設にあたって多くの犠牲者が出ている

佐久間ダムを作る際、労働災害の記録として残るほどの多くの犠牲者が出ていて、人数にして96名となっている。


この事故によって亡くなった作業員の幽霊が出ると言われている。

ダムでは飛び降り自殺が複数回発生している噂


佐久間ダムが完成してから、飛び降り自殺が多くあったと思われ、それによる幽霊の目撃。


この場所において、幽霊の目撃が多い場所は、佐久間ダムと、ダムを挟む形となっている2つのトンネル。


ダムに着く手前にある「佐久間一号トンネル」


ダムを超えた直ぐの「鰻樽トンネル」


になります。

ゴールデンウィークに佐久間ダムへ本格的に調査しに行きました

GOの文字

佐久間ダムへは5回以上は行っているのですが、


その際はただ通り過ぎるだけだったので、詳しく見ているわけではありませんでした。


まあもちろん、それでも霊感を持つ友人は分かっていたでしょうがね。

佐久間一号トンネルでは確認できなかった

噂では、トンネルの途中に分かれ道がありまして、そこは洞窟のようになっているのですが、


その境目あたりで幽霊の目撃があるとのことでした。


しかし、今回はGWの時にしっかりと調査しようということで行ったわけではありますが、


時期がGWの時であった為か、夜中に調査で来た際は、


「佐久間一号トンネル」


に関しては幽霊の存在は確認できず。


通った際に、霊的なものは特に感じないと友人は言っていました。

佐久間ダムそのものには幽霊は居る

代わりに、ダムに関してはやはりダムだけあって、幽霊の存在は3つほど確認。


この幽霊に関しては、


「ダム建設の犠牲者」


なのか、


「身を投げた人間」


なのか。


正直分かりませんが、少なくとも危害を加えようとするような個体ではないので、危険ではないとのこと。

佐久間一号トンネルは幽霊の休憩場所?

友人から逆に見解としてあったのは、


このダムに居る幽霊は、夜は「ダム」に居て、


昼間は佐久間一号トンネルに、『休むため』に移動している可能性が高い


とのこと。


皆様のご存じの通り、幽霊は、夜中に活動するのが基本的な特徴で、


昼間は活動せずに、「寝ている」事が多いので、仮にこの見解が合っているなら、違和感はありませんね。

鰻樽トンネルでも幽霊の目撃が多い

本からお化け

そして、この佐久間ダムにおいて最も幽霊の目撃談が多い鰻樽トンネル」。


このトンネルに関しては、この「鰻樽トンネル」の他にそのすぐ先にある、


丸山トンネルと、松島トンネルと合わせて通称、3連トンネルと呼ばれてますが、その中で、


鰻樽トンネルが、一番幽霊の噂が多いトンネルとされています。

3つのトンネルは特徴がそれぞれ違う

実際に調査したところ、3つのトンネルの中で、この「鰻樽トンネル」が一番長く、


途中から、曲がりつつ通過していくところが特徴としてあって、抜けた後はすぐさま次の丸山トンネルがあって、


最後に松島トンネルがすぐに出てくるといった感じで、どのトンネルも基本長いですね。


しかしながら、どのトンネルも夜中になると不気味さはあります。


特に鰻樽トンネルは、途中で曲がっているので


その先が見えないことから、良くないトンネルの特徴として出ています。

鰻樽トンネルに幽霊は居ない

実際に目撃として多かった鰻樽トンネル」ですが


ここに関しては、雰囲気は良く出ているし、気味が悪いのは分かったんですが、友人に聞くと、


ここは幽霊の存在は確認できない


と言われ、


「じゃあ、どこのトンネルで実際に幽霊が居るのか?」


と聞いてみると、


最後の松島トンネル


という回答が来ました。


ここに関しては、噂が多かった鰻樽トンネルと比べて、


正直、3つのトンネルの中で、一番寒気がした場所で、


トンネル内も一番暗め(それでも電気は多くついてるので明るさは普通にありますが)で、


ところどころ、電気の無い箇所があるので、そこが雰囲気的に、一番嫌な感じが僕にはありましたね。

3つのトンネルを抜けてもその先にたくさんの手彫りトンネルがある

地蔵

後は鰻樽、丸山、松島の3つのトンネルを抜けると、実は、


「手堀りのトンネルが約10個以上」


その後に、名前付きで続いていきます。

途中の地蔵が謎過ぎて怖い

しかし、途中の「あるトンネル」を通過した後、右側はガードレールになっているんですが・・・


何故か、


地蔵が一体だけ置かれている場所
がありまして、


その周辺とそこから先が、個人的にかなり寒気がするんですよね。


そしてそれが当たっていたのか、


「ある出来事」


に遭遇しました。


この話に関しては長くなってしまうので、別の記事で紹介したいと思います。


佐久間ダムの体験談https://uidhibiasudhiu.com/spirit-sakumadamu-fear-phenomenon/

さすがにこれは冗談じゃない

悲鳴

調査を終えてからの帰り道に、最も恐怖する瞬間がありました。


それは、最初向かう時には無かったんですが、帰るために同じ道を走っていたらなんと・・・・・・・


かなりデカい石が道に転がっていたのです。


これは何を意味しているかというと、このはどう見ても、最初は無かったことを記憶しているので、


僕らがトンネルに行っている最中に崖から落ちてきた落石なんですよ。


つまりもう少し帰って来るタイミングが早ければそのが落ちてきたときに、


車の真上に落ちてきたという事を意味しているんです。


・・・・・さすがに笑えねー話である。

佐久間ダムへ行く場合に注意した方が良い事

注意

この佐久間ダム周辺に限らずですが、基本的に山は、

  • シカ
  • ウサギ
  • たぬき
  • イタチ
  • イノシシ

野生動物が夜中に出没していて、


山は特徴としてクネクネした道が非常に多く、且つ狭い道を走るとなった場合に


カーブした先に
野生動物
が居たりすることがあり、反応が少しでも遅れると、ぶつかる可能性が非常に高い。


クネクネしてて時間掛かるし、ついついスピードを上げて走りたくなってしまう事が多いかと思いますが、


そういう時にこそ安全に走って頂きたいと思います。


佐久間ダム周辺
となるとシカの遭遇率がかなり高く、そのシカ自体がオスかなり大きい個体が居る事もあり、


遭遇した時に、驚いて急ハンドルして事故るというケースも実際にあったりしますので、


この場所を走る際は十分に注意されてください。

まとめ

佐久間ダム、および周辺のトンネルの調査という事で書いてきました。


このスポットに関しては、静岡県の心霊スポットの中でも、有名な部類に入ってくると思いますが、


基本的に幽霊の数は多くなく、危害を加えてくる可能性は低いという結果になりました。


ただし、この調査に関しては、5月の時の状況での話なので、これがお盆の時期となると、やはり状況は一変すると思いますし、


存在が確認できなかった場所でも、確認出来たりという形で、変化があると思います。


もしかしたら再度、お盆の時期になって、再調査するかもしれません。


その際は、記事を更新するかと思いますが、気になる方はチェックして頂ければと思います。

最初のコメントをしよう

必須