心霊スポット【静岡】浄蓮の滝は恐怖の伝説より現世に甦る?

浄蓮の滝
LINE登録用バナー

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

この浄蓮の滝は、「日本の滝100選」で選ばれている滝となっており、石川さゆりのヒット曲である、「天城越え」のモデルでも有名になっている場所。


しかし、同時に地元では心霊スポットとしても恐れられている。


因みに、このすぐ近くに、かの有名な「旧天城トンネルがある。

天城トンネルの記事https://uidhibiasudhiu.com/spirit-kyuamagi-tunnel-danger/


【場所】 静岡県伊豆市湯ケ島

この場所での噂

この滝は元々心霊スポットとしては有名ではないのだが、その代わりに、


女郎蜘蛛伝説」というものがあり、地元の人がそれを信じていて、誰も近づきたがらない、とされている。


他には、この滝を写真で撮ると、心霊写真が撮れるという情報。


種類としては色々あるようだが、中には蜘蛛のように手や足が長くなっている写真があるらしく、それがこの伝説に出てくる、女郎蜘蛛の怒りを表しているのではないか?と言われている。


他には、この滝で自殺を図った人間がいるという噂。

実際はどうなの?

この「女郎蜘蛛伝説」がガチなのか、そうではないかはとりあえず置いておいて、まず言える事は、こういった水が溜まる場所(滝に限らず、水たまりが出来やすい場所、川、湖、海、全てにおいて共通)というのは、霊は基本的に集まりやすい。


原因は今でもよく分かっていませんが、やはり人が来にくい事が大きな理由となっているんでしょうかね。


そして滝というのは、山の中にあるのが特徴なので、自らの命を絶つ場所としても十分に使えてしまう。その為にとなったものがその場所に残る。そんなところでしょうか。


実際そういった自殺が多い滝というのも存在するので、あながち間違ってはいないかもしれません。


ただ、ここは観光スポットとしても有名なので、観光客が多く来たりします。

注意した方が良い事

この場所はでも来ることが出来るようです。


心霊スポットとして行きたいのであれば、それなりの準備をしっかりして、ケガの無いようにしましょう。


また川に落ちるとマジで危険なので、明るめのライトの持参は必ずすること。


そしてこの心霊スポットに行った時、心霊現象としてライトが突然つかなくなる、という事が実際に起こったりします。


その為、ライトも1個ではなく、切れてしまった時用に、予備の分は出来れば用意して行くようにしてください。


何か起きた瞬間、多分終わります。

静岡県の心霊スポットの記事はこちら

心霊スポット【静岡】下田富士屋ホテル:呪われた日本人形と多く残る謎

心霊スポット【静岡】夜泣き石は遠州七不思議伝説より語り継がれし場所

霊障や心霊現象、運気が悪くなったと感じる方へ

「最近自分の周りで変なことが起きるようになった」


「ある心霊スポットに行ったら、その日から金縛りや心霊現象などの霊障が起きるようになって困っている」


「ある日を境に急に体調が優れない日々が続くようになった」


「最近生死を彷徨うような病気に掛かったり、事故に巻き込まれるようになった」


などの出来事が起きるようになって、


「どうすればこれらの問題を解決できるのか分からないので教えてほしい」


といった話が多く散見されるようになりました。


そこで上記の悩みを自分で解決できるセルフお祓いの仕方や効果、もしそれでも解決できなかったらするべきことなどをまとめた記事を書きました。


もし先ほどのような悩みを今抱えていて、


「なんとかこの問題を解決したい!!」


と思っていたり、興味がある方がおられましたら、この記事を参考にしてみてください。

効果があるセルフお祓いの仕方とは?自分でできる簡単なやり方でスッキリ解決!

心霊スポットに興味がある方へ

心霊スポットに行きたい方にご紹介したいアイテムがございます。


その名も「ばけたん」です。


ばけたんは「株式会社ソリッドアライアンス」が開発した道具で、これはおばけの居る場所に持っていき、本当におばけが居るのかどうかを色で教えてくれる物です。


何も持たずに心霊スポットへ行くよりも、この「ばけたん」を持っていくことで肝試しがさらに楽しくなるでしょう。


下記の記事では「ばけたん」についての具体的な詳細と、実際に僕の友人がばけたんを使いまくったのですが、その中でリアルに印象に残った体験談も紹介していますので、興味がありましたら参考にしてみてください。

【おばけ探知機】ばけたん霊石の仕組みとは?その原理とガチの体験談を語ります

オカルトタウンLINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須