心霊スポット【静岡】日本BE研究所で建物の前に行こうとしたら・・・

恐い廊下

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

日本BE研究所は、静岡県田方郡函南町にある廃墟で、現在静岡県で現存している廃墟の中でも、有数のスポットとなってます。

【住所】 静岡県田方郡函南町桑原1406

この場所での噂

日本BE研究所は、「首の家」という呪いのビデオを撮影した場所で有名である。

 

この場所は熱海市にある熱海峠を国道20号線に沿い、とにかくひたすら登っていったところに存在するため、周りに家も無ければ建物すらも全く無いような完全に人里から離れた場所にある。

 

この建物では自己啓発を主としたセミナーを開催し、多くの有名人を輩出したという話がある。

 

だが、廃墟となってからはその宗教的な背景から、建物内に念が強く残って、それによってネットでの話を見ると、色んな心霊現象が起きているように著者は感じている。

①この建物に来ると気分が悪くなる。
②黒い影が見える。
③ラップ音が聞こえる。
④撮影機材が機能しなくなる。

以上が噂の基本的なところだが、特に①に関しては本当のようで、建物内がかなりカビ臭くなっており、マスク付けても防げないほどの強烈さとなっていて、しかも建物の「ある部屋」では光も全く入らないほぼ監禁状態みたいになっていて、そこが最もキツイ、且つたくさんの資料や壁に落書きされてる文面を見てもその気持ち悪さがさらに強くさせている。

 

因みにこんな凄い状態の建物ではあるが、これでもしっかり管理人がいると言うのだから、これもまた個人的には恐ろしい話だと思っている。

調査した結果

建物に着くまでに相当の坂を登る事になり、途中かなり急勾配になっている場所があったので、パワーが比較的あるスポーツタイプの車でも一瞬登れないんじゃないかと思いましたけど、なんとか・・・という感じです。

 

キツイ坂をなんとか登り切って建物がある場所まで来たんですが、最初全然建物がどこにあるのか分からず、目の前をウロウロしてました(笑)建物自体が少し奥の方にあるのは知っていたのですが、思ってたより草で埋め尽くされてて且つかなり上に伸びていたので、全然建物が見えなかったんですね。

 

しかも最初その建物があるであろう敷地前まで来た時、ダンプカーやトラック、ショベルカーなど合わせて5台くらいその場所に停まっていたので、一瞬解体作業をやっているんじゃないかとかなり焦りましたが、一応入り口から見て左側に小さい建物と、右側の奥に大きな建物が確認できました。でもあの場所に置かれていることを考えると、近いうちに解体される可能性がありますね。まあ別目的で置いてるだけの可能性もあるので一概には言えませんが。

 

建物を確認した時、友人にここは長居しない方が良いか?と聞いたところ、するべきではないと言われたので、なるべく短時間で済ませるように行動しました。建物に入らなくても目の前まで来れれば状況は十分に確認出来るためです。もちろん不法侵入になるからというのもありますが。(一応ここはパトカーが巡回していて、捕まった人も実際に居るようです)

 

建物の前には川?が流れていたので、疑問には思いながらも、建物に繋がっているらしき道があったので、草木かきわけて進んでいったんですが・・・

 

建物の前にそろそろ着くなと思っていたあたりで、いきなり、

 

「カーン!!!」

 

という、人が鉄を石で叩いたようなデカイ音が鳴り響いたのです。

「は!?」

「今めっちゃデカイ音しなかった!?今そこに人なんて居ないよな!?」

 

当たり前ですが、建物に向かう前に自分たち以外に人が居ない事を確認しています。肝試しで来ているようなグループももちろん見ていません。

 

さすがにおかしいと思ったので一旦敷地内から退散し、友人に状況を確認しました。

 

「今左側にある小さい建物に霊が2体、研究所の方にリーダー的な霊が1体居て、恐らく小さい建物に居る霊たちは、そのリーダー的な霊を守るために侵入者を監視し、入ろうとしたら追い払うために大きな音などを出していると思う。」

 

つまり、友人が長居しない方が良いと言っていたのは、既に自分たちは小さい建物内に居る霊たちに監視されていて、何かあれば攻撃か何かを仕掛けてくる可能性があったからではないかと推測してます。

 

どちらにしろ夜中であってもパトカーが来ない保証は無かったので、建物前には行かずにそのスポットから退散することにしました。

まとめ

今回は凄く登ったところにある建物なので行くまでに苦労しましたが、実はここに来る前に下田市にある違うスポットに行っていたので、ルートがそういう風になってしまったのではないかと思いますが、少なくともこのルートに関しては、軽自動車では絶対に登らない方が良いと感じました。途中のかなりの急勾配のところで、恐らくパワー不足で登れず危険だと思います。

 

その下田市のスポットに調査しに行った時の記事はこちら。

下田富士屋ホテルhttps://uidhibiasudhiu.com/spirit-shimodahujiya-hotel-doll/

なので仮にここへ来る場合であれば、パワーがある車か、或いは20号線ではなく、11号線を使い、鷹ノ巣山トンネルを通って登りきるルートで行く方が急勾配の坂は無いので安全に向かえると思います。というより個人的にはこっちのルートでいく事を勧めたいところです。

 

そして今回の「音」というところで心霊現象が起きた訳ですが、実はネットで心霊現象の1つに「音」というのがあるのは知っていても、著者が実際に「それ」を体験したのは今回が初めてなのです。

「あー、本当にこういう事って起きるんだな。」

と改めて心霊現象というものを体感した良い機会だったと思います。(いやまあ心霊スポットに行く事自体良いという訳ではありませんがそれはとりあえず置いといて(笑))

 

とはいえ一応管理者が居る事と、警察が巡回で来ることはあるので、くれぐれも行く際はその部分を加味しておいて、自己責任でお願いしたいと思います。

最初のコメントをしよう

必須