【和歌山】三段壁は恐怖の心霊スポット!飛び込みが多く洞窟にも幽霊が出る?

三段壁の写真

当記事をご覧いただきありがとうございます。


初めて当サイトに訪れてくださった方に対して最初に読んでいただきたい記事がありまして、書かれている内容は、記事を読む上での注意事項となります。


初めて当サイトの記事を読まれる方は、必ず下記の記事をお読みいただいてから当記事を閲覧していただきますようよろしくお願い致します。

当記事を閲覧する上での注意事項

 

三段壁(さんだんべき)とは、和歌山県西牟婁郡白浜町にある断崖絶壁で、国の名勝にも指定されている自然景勝地です。


三段壁では、観光スポットとして遠方からの人達を含め多くの観光客で賑わっています。


また、恋人の聖地として指定されていることもあり、多くのカップルが訪れることでも有名。


そんなロマンある三段壁ですが、この場所では裏の顔があり、それは自殺の名所として知られているということ。


多くの人がこの三段壁で飛び込みを行い自らの命を断つということが起きていて、その自殺者の幽霊達が三段壁ではさまよい、心霊現象を起こしていると言われています。


今回の記事では、そんな三段壁で起きている自殺についての解説とその発端となったエピソード、そして三段壁で起きる心霊現象の数々について徹底的に深掘りしていきたいと思います。

知名度 ★★★★
危険度 ★★★
心霊度 ★★★★
恐怖度 ★★★★

心霊スポットである三段壁の行き方と三段壁洞窟の詳細

三段壁・三段壁洞窟に行くための道としては、最寄りの高速ICで降りればほとんど道なりに進むことでたどり着けるため、アクセスがしやすいところとなります。


以下に三段壁の場所と行き方、三段壁洞窟の詳細を記載。


【住所】和歌山県西牟婁郡白浜町 三段壁

名前三段壁
住所和歌山県西牟婁郡白浜町 三段壁
行き方1.「南紀白浜IC」で下りる
2.下りたら直進してそのまま「白浜温泉線」に乗ってしばらく道なりに走る
3.「権現平トンネル」を通過して走ると青看板が出てくるので、左に入って下の道へ下りる
4.「白浜温泉」の看板のある信号をそのまま直進する
5.坂を上がって行った先で「権現谷東」と書かれた信号があるので、左折する
6.しばらく道なりに走っていくと「三段壁」と書かれた青色案内板が出てきて到着(案内板左側が三段壁の無料駐車場となります)
所要時間南紀白浜ICから車で12分
名前三段壁洞窟
駐車場無料
営業時間AM8:00~PM5:00(最終入場 PM4:50)
定休日年中無休(12月中旬は洞窟内の点検により休館の場合あり)
入場料金(個人)大人(中学生以上)1,300円
小人(小学生)650円
小学生未満無料
入場料金(一般団体)大人(20人以上)1,000円小人(20人以上)500円
大人(100人以上)900円小人(100人以上)450円
入場料金(学校)中高生(20人以上)900円小学生(20人以上)450円
中高生(100人以上)800円小学生(100人以上)400円
障がい者割引障がい者手帳をご提示頂いたお客様大人・小人共に通常料金の半額
付き添いのお客様につきましては障害者ご本人の等級により料金設定がございますので入場券売り場にてご確認ください。
所要時間(三段壁洞窟全体で回る場合)15分~20分ほど
新型コロナウイルス感染予防対策・マスクの着用
・手指のアルコール消毒
・体温測定
・咳エチケット
・ソーシャルディスタンス

三段壁(白浜)の詳細と歴史

本とメモ

冒頭でもお伝えしました通り、三段壁は国が認めた名勝であり多くの観光客で賑わう場所。


ここではその三段壁の名前の由来や詳細、三段壁に存在する各それぞれのスポットの紹介をしていきたいと思います。

三段壁の名前の由来

名前の由来に関しての明確な詳細は不明のようです。


しかし、数ある諸説の中でもっとも有力説としてあるのは、昔漁師が通りゆく船や魚の群れを見張った場所の見壇(みだん)が由来とされています。


そして、その見壇というのが「三段(みだん)」➡「三段壁(さんだんべき)」へと転じていった模様。


名前で見ると単純に三段の壁となっているからのように理解してしまいそうですが、実際は全く関係ないようですね。

三段壁は断崖絶壁で有名

三段壁の特徴としては、長さ2㎞、高さ50mほどの大岩壁となっていて、断崖には展望台が設けられています。


この展望台があることによって、三段壁から見る広大な日本海を眺めることができるということで、多くの観光客が訪れる場所となっています。


三段壁から直接下を覗く方もいらっしゃいますが、あまりの高さに足がすくんだり、体が無意識に前へ行きそうになるので基本的には止めた方が良いかと。

三段壁にはエレベーターで行ける地下洞窟がある

三段壁には展望台があるとお伝えしましたが、それ以外にも実は三段壁の地下36mのところには海蝕洞窟が形成されており、エレベーターを使う事で行くことができます。


この洞窟はかつて平安時代に起きた源平合戦で、熊野水軍が船を隠したという言い伝えが残っている場所となっています。


また、牟婁大辯才天(むろだいべんざいてん)が鎮座していることもあり、パワースポットとしての姿も。


さらに洞窟内では派手な波しぶきを間近で見れるため、それを見に行くというだけでも十分価値があると思います。


ちなみに雨でも観光が出来るので、天気を気にしなくていいところもポイントですね。

口紅の碑と呼ばれる大きな岩がある

三段壁には「口紅の碑」と呼ばれる岩があります。


この岩は何なのかというと、1950年6月10日にこの三段壁から身を投げた定一、貞子という男女が居ました。


理由としては、私たち二人の結婚が許されない環境にあり、結ばれることが無かったからとされています。


その際に、「白浜の海は、今日も荒れてゐる」という文字を岩に口紅で刻んだのです。


文字を刻んだのは、身を投げた男女ではなく友人が二人の想いが結ばれる事を祈るという意味を込めて、身を投げた翌年の同じ日に書いたと言われています。


恋愛成熟の意味があるためか、ここに来ることによって両想いになるという噂があります。

のちに恋人の聖地として認定される

口紅の碑によって恋愛成熟する噂があることで、多くのカップルが訪れるようになりました。


そんな状況から、2016年4月に恋人の聖地に認定され、プロポーズに相応しい場所として有名に。


また、同じ年の6月12日(恋人の日)に恋人の聖地認定の記念としてハートのモニュメントを設置することとなりました。


さらに2017年には第3回「恋人の聖地観光交流大賞」を受賞し、2019年にも「恋人の聖地地域活性化大賞JTB賞」を授賞。


これらの賞を取ったことにより、より一層「恋人の聖地」として全国でも知られることとなります。

三段壁は飛び込み自殺が非常に多い場所

街のホラーイメージ

三段壁は観光スポットとして有名であると同時に、飛び込み自殺が絶えない場所としての裏の顔もあります。


実際に三段壁で飛び込み自殺を図る人の人数は、毎年10人以上は居ると言われていて、これでも最初の時と比べたら減っている方だそうです。


ここでは、自殺が多い理由やどういった形で発見されるのかなどについて解説していきます。

なぜ飛び込みが多いのか?

そもそもなぜ三段壁で自殺が増えてしまったのかということなんですが、先ほど紹介した「口紅の碑」に原因があると言われています。


ただ、確かに「口紅の碑」が出来た原因である若い男女が飛び降りた年以降で増えていったのは間違いないですが、はっきりとした明確な理由が分からないというのも事実。


一つ挙げるとするならば、「口紅の碑」の周りは手すりや柵というものが無く、飛び降みがしやすい環境になっているのは間違いありません。


飛び込む理由は人それぞれで違っていますし、今の環境が変わらない限りこういった自殺を無くすのは至難の業ではないかと思います。

誤って落ちる人もいる?

基本的に遺体として発見されるのは自らの意志で飛び込んだ人となりますが、中には自身の不注意や、他の要因によって事故という形で亡くなってしまう人もいると思われます。


断崖絶壁である以上は風が強く吹きやすい環境にあり、その強い風に煽られて誤って落ちてしまう可能性が高いです。


なので、まったく自殺する意思もないのに誤って転落して亡くなるということだけは避けるために、観光で来たとしても細心の注意を払うようにしましょう。

遺体が沖の方で漂流していることがある

飛び込み自殺を図った人たちの遺体は、三段壁の真下では無く沖の方で漂っているところを発見されることが多いそうです。


しかし、潮の関係や落ちた場所によっては、遺体自体が見つからないパターンも多いという話もあります。


なので、年間で10人は見つかると書かせていただきましたが、実際には見つかっていない人の分も含めるともっと多いかもしれませんね。

飛び込みをするためにタクシーを使って行く人が居る

現在では少なくなったようですが、昔は飛び込みをするためにタクシーを呼んで三段壁の近くまで乗って行く人が居たそうです。


そして、それを知っているタクシー運転手の方がニュースや新聞で飛び込み自殺の記事を見て「あの時の人か」という感じで分かるんだとか。


しかし最近、同じようにタクシーを使って三段壁に行こうとしている人をなだめて自殺を防いだという事例があります。


とはいえ、こういった事が未だにあることを考えれば、未然に防ぐというのはなかなか難しいと言えるかもしれません。

三段壁で起きる心霊現象とは?

女性の幽霊

飛び込み自殺が多い三段壁ですが、その影響で三段壁では心霊現象が多発すると言われています。


では、どういった怪奇現象が起きてどういった幽霊の目撃があるのか、ここでは有名な話を挙げていきます。

自殺者の霊に誘われる

自殺者が多い三段壁では、自殺をした人の幽霊が出ると言われていて、その幽霊が崖下へと誘うという話があります。


飛び降りた人の感情や念というのは、この世に未練を残したまま仕方なく自らの命を絶つという観点で言えば、その分だけ強くその場に残ってしまう可能性が高いです。


そして、強く残った念によってまったく飛び降りる意志が無いにも関わらず、自殺の念を抱いてしまって飛び込んでしまうという感じですね。


特に気分が落ち込んでいる時や弱っている時が危ないとされているため、そういった状態の時に三段壁に来るのはやめておいた方が賢明であるといえます。

心霊写真が撮れてしまう可能性が高い

三段壁で写真を撮ると、幽霊や変な光が写っているような心霊写真が撮れてしまうと言われています。


撮れてしまった場合、その時に写っているのは三段壁で飛び込みをした人であると推測されるためあまり良くありません。


幽霊が写っちゃったという、ちょっとした心霊写真ならまだ大丈夫ですが、こういった念が強く残りやすいところで撮れてしまった写真は本当にお祓いした方が良いです。


放置してしまうと不幸が起きやすくなり、体が不調になったりする可能性があるため、出来れば昼間に写真を撮るようにした方が良いでしょう。

海面に幽霊が手招きしている

夜の三段壁では、崖下を覗いてみると海面で手招きしている幽霊を見てしまうという噂があります。


手招きしているということは、霊界へと案内しようとしているということでしょうから、もし見てしまったら即刻その場から離れないといけません。


手招きしている幽霊は霊力が強い可能性があるので、間違って飛び込むことは無いにしても最悪その幽霊に憑りつかれてしまう確率が上がります。


その際に一人であった場合にどうしようもなくなるので非常に危険です。


もし夜に行くのであれば一人で行く事だけは絶対に避けましょう。

同じ幽霊が同じ場所で何度も飛び込みをする

飛び込み自殺を図った人の幽霊の中には、念がかなり強い場合に同じ場所で何度も飛び降りるシーンを怪奇現象として見てしまうという噂があります。


飛び降りたのを見て慌てて駆け付けたのに姿が無く、いつの間にか自分の真横に居たりするといった具合ですね。


心霊現象としては怖いんですが、実際にそんなことが起きるとは考えにくいです。


幽霊が居るにしても、海に居ると考えるのが自然だと僕は思います。

三段壁の洞窟内でも幽霊が目撃される?

三段壁洞窟の写真

三段壁の崖や海で幽霊が多々目撃されていますが、先ほど紹介した洞窟内でも幽霊が現れると言われています。


昼間は観光客で賑わうのでまったく分かりませんが、夜になれば営業が終わって誰も居なくなりますから、確かに夜に行ったら心霊的な雰囲気がありそうです。

洞窟内の警備をしていた人が逃げ出した?

これは真相は定かではないのですが、噂では洞窟内の警備にあたっていた警備員の人が洞窟内で幽霊を目撃して驚いて逃げてしまったという心霊話があります。


警備といえど一人が基本でしょうから、実際に幽霊を洞窟内で見てしまったのなら、あまりの恐怖に逃げてしまうのは間違いないですね・・・


しかし、夜の洞窟内に入るのは不可能ですから、あくまでもそんな噂があるんだという感じで受け止めた方が良いでしょう。

夜の三段壁のやばい体験談

本からお化け

夜の三段壁において色んな心霊現象が噂されていましたが、実際に理解出来ないような不思議な心霊体験をされた方もいらっしゃいます。


ここではそんな怖い話を2
つほどご紹介したいと思います。

ホテルシーモアで幽霊が目撃される

三段壁の周りは温泉街となっておりまして、白浜温泉が有名になります。


温泉街ということで、たくさんのホテルや温泉旅館があるわけですが、一部のホテルでは三段壁の自殺者と思われる幽霊が目撃されているようです。


そのうちのひとつであるホテルシーモアでは展望台がありますが、この展望台で幽霊を見たという話が。


展望台は夜になると人が来なくなり寂しい雰囲気が漂うため、幽霊にとっても居やすい環境で、心霊現象が起きる可能性があると言えます。

海を眺めていたら・・・

三段壁に行ったある方がいらっしゃいまして、その日は平日だったのですが、海外の観光客が多かったような状況だったそうです。


そして、観光客が少なくなる三段壁の崖の方へ歩いていき、そこで海をしばらく眺めていました。


しかし、ずっと海を見ているうちになぜか考えてはいけないことが頭に浮かび、だんだんと体の感覚がその考えに支配されていき、飛び込みたくなるような衝動に駆られてしまった。


ハッと思い我を取り戻してなんとかその場を離れられたとのことですが、やはり崖前まで来ると何かの力が働き、死の寸前となるようなことが起きるということなのでしょうか……

三段壁だけではなく周りのホテルや旅館でも幽霊が出る?

呪われた部屋

ホテルシーモア以外の別のホテルでも幽霊の目撃談があるようです。


あるガイドの女性がホテルに泊まっている際に、大人数でホテルへ向かってくる団体を見かけました。


しかしその団体は、自分の泊まっている部屋へやってきていることが分かります。


そして自分が居るにも関わらずドアをガチャガチャ音を立てて入ってこようとしたために、翌日受付で確認したらそんな団体は来ていないと言われてしまった。


それ以外でも「ある部屋」は泊まってはいけないと言われるホテルがあったりして、あくまでも噂ではあるんですが、この温泉街でも色んな話があるようです。

三段壁の駐車場には電話ボックスがある

夜の電話ボックス

三段壁の駐車場には電話ボックスが2つ(駐車場の手前側と奥側)あるのですが、これは三段壁から飛び込もうとする人を救うためにあると言われています。


実際に電話ボックスの中には公衆電話と10円玉が入った瓶があり、これによって救われた命があるのは間違いないと思います。

いのちの電話という案内板がある

2つの電話ボックスの隣には「いのちの電話」という案内板があります。


いのちの電話を開設したのは江見太郎という人物で、1979年に西牟婁郡事務所で「いのちの電話を支える会」が結成されたことで設置がされました。


この看板には、


「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしは、あなたを愛している。イエスは言われた。わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を待つのです。」


という新約聖書の内容が書かれていて、白浜レスキューネットワークの電話番号があり、ここに月100件ほどのSOS電話がかかってくるとのことです。

昔は飛び込み自殺防止の看板がたくさんあった

三段壁には「いのちの電話」の看板が複数設置されていますが、昔は飛び込み自殺防止の看板自体がたくさんあったと言われています。


しかし、多かったはずの看板が今ではほとんど無くなって撤去されているとのこと。


理由としては、恐らく三段壁のイメージがマイナスになってしまって、観光客が遠のいてしまう可能性が高かったことが有力説としてあります。


ですが、その看板があったことで昔は相当の人数が救われたという話があるので、飛び込みを無くす意味では結果的には決して無駄ではなかったと言えるでしょう。

三段壁周辺で釣りをする場合は事故に注意

一人ぼっちの釣り人

三段壁は釣りスポットとしても有名になっており、実際に岩の上で釣りをする人が多いです。


しかし、当然のことながらそのような場所で釣りをする場合は事故というリスクが伴います。


しかも一部ではありますが、最近釣り人が転落事故か何かを起こして行方不明となり、レスキューのヘリが飛んでいたという事例も。


他では、2020年10月19日にも千畳敷で釣り中に海中転落が起きるなどの事故も報告されています。


なので、仮に三段壁周辺で釣りをされる場合は、最低でも必ずライフジャケットを着用するようにしてください。

同じ断崖絶壁の心霊スポットとして東尋坊がある

三段壁は自殺スポット、心霊スポットとして有名ですが、他にも関連した場所で同じ飛び込み自殺が多いところとして有名になっている「東尋坊」があります。


以前に東尋坊に関しての記事を書いたことがありまして、その記事では僕が昔旅行で東尋坊へ来た際に体験したことを書いています。


もし気になる方がいらっしゃいましたら東尋坊の記事のリンクを貼っておきますのでどうぞ。

心霊スポット【福井県】東尋坊で自殺スポットとは知らずに行ったら後悔した話

三段壁の動画

三段壁の怖さを体験するのに良いYouTubeの動画がありましたので参考にしたい方は見てみてください。


夜の三段壁に来ている動画なのですが、飛び込みをした人なのか、人の声がたくさん入っていて心霊感がやばいです。

まとめ

今回は、和歌山県にある断崖絶壁の自殺スポットとして名が知られている三段壁について書いてきました。


昼間は観光スポットであり、恋人の聖地として全国でも有名な場所となっています。


しかし夜になるとその姿とは打って変わり、自殺者の幽霊たちが新たなる自殺者を呼び込もうと海で待っているという心霊的にも怖い場所となります。


三段壁洞窟でも幽霊が出るという噂もあり、霊感のある人は入る事が出来ないと言われています。


しかし、そんな三段壁自体は海外の方も含めて多くの観光客で賑わい、三段壁洞窟はパワースポットとしても人気。


飛び込み自殺に関しても今では「いのちの電話」のおかげでかなり減っているということですから、このまま無くなっていくことを祈るばかりです。

霊障や心霊現象、運気が悪くなったと感じる方へ

「最近自分の周りで変なことが起きるようになった」


「ある心霊スポットに行ったら、その日から金縛りや心霊現象などの霊障が起きるようになって困っている」


「ある日を境に急に体調が優れない日々が続くようになった」


「最近生死を彷徨うような病気に掛かったり、事故に巻き込まれるようになった」


などの出来事が起きるようになって、


「どうすればこれらの問題を解決できるのか分からないので教えてほしい」


といった話が多く散見されるようになりました。


そこで上記の悩みを自分で解決できるセルフお祓いの仕方や効果、もしそれでも解決できなかったらするべきことなどをまとめた記事を書きました。


もし先ほどのような悩みを今抱えていて、


「なんとかこの問題を解決したい!!」


と思っていたり、興味がある方がおられましたら、この記事を参考にしてみてください。

効果があるセルフお祓いの仕方とは?自分でできる簡単なやり方でスッキリ解決!

最初のコメントをしよう

必須