【千葉】東京湾観音は富津最恐の心霊スポット?付近のトンネルの方が実はヤバイ?

東京湾観音の写真
LINE登録用バナー

当記事をご覧いただきありがとうございます。


初めてこのサイトの記事を読まれる方は、必ず「当記事を閲覧する上での注意事項」をお読みいただき、記事を読み進めていただきますようによろしくおねがい致します。




東京湾観音は千葉県富津市にある巨大な観音像で、1945年の東京大空襲によって出た多くの犠牲者に対する弔いと世界平和を願い建てられたものです。


東京湾観音は数多の大仏や観音像を展示していて、且つ地上から13階の腕と頭のところに展望台が設置されていることから、千葉県の観光スポットとして地元ではかなり有名。


しかし観光スポットである一方で、一部では千葉県トップクラスの心霊スポットとして知られているという側面も。


そして東京湾観音だけでなく、東京湾観音に向かう参道の途中に観音トンネルがあるのですが、このトンネルもまた心霊スポットとして非常に有名で、むしろこっちが本当の心霊スポットだと断言している方が多いです。


そこで今回は、東京湾観音がなぜ心霊スポットとして有名なのか、そして東京湾観音よりもこっちが本命とされる観音トンネルではどういった噂や心霊現象が確認されているのかを紹介し、さらに東京湾観音そのものの歴史や都市伝説として広まっている話を語っていきたいと思います。

目次

東京湾観音では飛び降り自殺が多発していた?

考える女性

東京湾観音が心霊スポットとして有名になった理由は、腕の展望スペースのところから多くの人間が飛び降り自殺をしたと言われているからです。


実際に飛び降り自殺防止のためと思われる金網があり、これが実際に飛び降りがあったから後で設置したんじゃないかとされているのです。


そしてこの飛び降りによって亡くなった人達の魂が東京湾観音の中でさまよっているという噂が広まっていったんだとか。

東京湾観音で飛び降りた人はそもそも居ない?

そんな噂が広まっている東京湾観音ですが、本当に昔から自殺者が多かったんでしょうか。


多くのサイトで当たり前のように東京湾観音で飛び降りが多かったと書かれていますが、はっきり言ってその証拠はどこにもありません。


確かにあの大仏の巨大さと展望台がある場所的に考えたら、飛び降りの可能性というのを感じてしまうところ。


しかし、とある方のサイトの記事には、その方が実際に東京湾観音に赴いてスタッフの方に聞いたんだそうですが、その回答は


「そのような事実は全くございません」


と、はっきりおっしゃられていたとのこと。


そしてまたあるサイトでは、金網を作った理由はあの高さになると風がかなり強く吹く位置になるため、その風によって煽られて転落してしまうのを防ぐために設置されたと書かれていました。


つまり、自殺が多く発生したから金網を作ったわけではないということです。

以下引用です。

張られた金網は
自殺防止といわれていますが
本当は
強風での転落防止です

引用元:いろいろと歩き回っています

 

東京湾観音の付近の廃道にある観音トンネルで「ある事件」が起きた?

ひー

東京湾観音へ繋がる参道の途中に、現在閉鎖されている(厳密には閉鎖されているが、バリケードが一部破られてトンネル内に入れる)観音トンネルがあります。


ここは東京湾観音以上に危険な心霊スポットと言われていて、その理由は「ある事件」が起きたことから始まりました。


もともとは富津市民の方々が生活用トンネルとして重宝されていたものなので、心霊スポットの言葉自体も無かったのです。


では一体どんな事件が起きたのでしょうか。

自分の前を走る遅い車の正体

遡ること10年以上前、ある方が観音トンネル周辺を走っていると、自身の目の前にスピードが非常に遅い車を見つけました。


その方は前の車があまりにも遅すぎたためにかなりイライラしてしまい、パッシングをしながらクラクションを鳴らしたそうです。


クラクションを鳴らしても前の車がスピードを上げたり譲るということをしなかったので、連続でクラクションを鳴らし続けました。


そうしたところ、その方の目の前にどこから現れたか分からない「無数の手」がいきなり自身の目の前を遮って視界を塞いだのです。


当然ですが、いきなり視界を塞がれたのでビックリして急ブレーキを踏んだそうです。


幸い事故にならずに済みましたが、その事件が起きたのが観音トンネルの周辺だったため、何かいわくがあるのではないかという話になり、瞬く間に心霊スポットとして有名になってしまったとのこと。

東京湾観音の工事で大仏の向きが変わったことで災害が多くなった?

はてな

東京湾観音は1945年に建設されましたが、そこから何回か改修工事が行われています。


この際に東京湾観音の地盤強化と共に仏像そのものの向きを変えたりしていました。


そんな中、2018年に平成最後の改修工事が行われたのですが、その工事以降2019年に千葉県で台風21号により土砂崩れ、冠水の被害が発生しました。


また、それ以前にも台風15号、19号でも被害があったのですが、それが2018年の東京湾観音改修工事以降で起きたため、一部では、


「観音像の向きをずらしたためにこのような災害が発生したのではないか?」


と噂されるようになったのです。


タイミング的に見ても確かに2018年以降首都圏の直撃であったり、実際の被害が大きい時が相次いでいるので、こういった噂が出ても無理は無いでしょう。

東京湾観音付近の観音トンネルで事故が多発している?

怖くて目を覆う女性

先ほど観音トンネルでは「無数の手」によって事故になりかけた事件について解説しましたが、それを裏付けるかのように実際に観音トンネル付近では車による事故が多発しているそうです。


その原因は、もともとトンネル付近自体の道幅が狭く、車が通るにしてもすれ違いが難しいという問題があり、東京湾観音、観音トンネルが心霊スポットとして有名になって以降若者を中心に肝試しで来るようになったため、必然的に事故が多発するようになったとのこと。


これはこの場所だからという事ではなく、山道であったり大通りから外れた道を走る場合にも全く同じことが言えますが、こういった道を走る時は常に細心の注意を払いながら運転しなければいけませんね。

東京湾観音と観音トンネルで起きるヤバい噂や心霊現象、体験談

怪談

東京湾観音は千葉県でも上位に入ってくる有名な心霊スポットですが、その噂や心霊現象、体験談の数はかなり多いです。


特に観音トンネルでは、トンネルの真ん中でクラクションを3回鳴らすことで、必ず何かしらの心霊現象が起きるとされています。


というわけで、ここからは東京湾観音、観音トンネルで起きる噂や心霊現象、その場で体験した心霊体験談を含めて14個紹介していきます。

東京湾観音では夜中になると幽霊を目撃してしまう

まずは、噂されている様々な心霊現象について紹介していきます。


東京湾観音では飛び降り自殺が多発したという噂がありますが、その幽霊が東京湾観音に出没すると言われており、その幽霊は成仏できていないのか、飛び降りを繰り返しているんだそうです。


ある方の推測では、仮に自殺があったとして、この東京湾観音を選んでいる理由は


「この観音様のところから飛び降りることによって、自身が成仏できると思ったからではないか?」


と、おっしゃられていました。


実際に東京湾観音内には色んな観音様や仏様がたくさんありますし、そう考えればこの東京湾観音を選ぶ理由は分からなくはないですね。

車のガラスに無数の手形が付く

これは観音トンネルで起きる心霊現象で、観音トンネルを車で入って中央で停止し、そこでクラクションを3回鳴らします。


クラクションを鳴らした段階では何も起きませんが、トンネルを抜けるといつの間にかガラスに無数の手形が残っているんだそうです。


クラクションを3回鳴らすとその瞬間に何かしらの心霊現象が起きるのはよくありますが、鳴らしても何も起きずに外へ出てから起こるパターンなので、何も起きなかったからといって油断しているとかなり痛い目を見るかもしれません。


ちなみに、クラクションは3回でなくても鳴らした時点で心霊現象が起きるとのことです。

トンネル内でクラクションを3回鳴らすと女性の幽霊が出る

先ほどはクラクションを3回鳴らすと無数の手形が付いているという話を紹介しましたが、それ以外でもクラクションを3回鳴らすことによって女性の幽霊が出ることがあると言われています。


この女性の幽霊の正体は分かっていませんが、昔この場所では1945年の東京大空襲で多くの犠牲者が出てしまいました。


もしかすると、この女性の幽霊はその大空襲の犠牲者の一人なのかもしれません。


しかし、この観音トンネルがある場所は道路から一つ外れたところにあるため、現在では人が来ない環境にあることから近い場所にいた浮遊霊がこの観音トンネルに来てしまった可能性もあります。

トンネル内で無数の顔が覗き込む

観音トンネルがまだ通れた頃、夜中に観音トンネルを通ると何故かまた観音トンネルに戻ってきてしまうという摩訶不思議な現象が起きた人も居るようです。


そんな状況の中で繰り返し観音トンネルに戻ってくると、突然車を左右に揺さぶられ、何が起きているのかと思ったらその後に無数の顔が自分の車の中を覗き込んできたという話があります。


先ほど一つ前の噂の時にも解説していますが、昔の東京大空襲によって多くの人が犠牲になりました。


東京湾観音はその東京大空襲の犠牲者を弔い、世界平和を願って建設されたもの。


多くの人はしっかり供養されているはずですが、中には一部がまだ供養されていなくてその場をウロウロしているということが考えられるので、この体験談はその供養されていない人達によって起こしているものなのかもしれません。


無数の顔が覗き込んでくるのもかなり怖いですが、車を揺さぶられるだけでも十分恐ろしいと思います。

東京湾観音と観音トンネルの両方で戦没者の霊が出る

東京湾観音と観音トンネルの両方では東京大空襲で犠牲になった方々、つまり戦没者の方々ですが、その戦没者の方々の幽霊が現れると言われています。


先ほどの車を揺らされた後に無数の顔が覗き込むという話では、その無数の顔というのがこの戦没者の方々なんじゃないかと言われていて、この心霊現象の他にも様々な噂がありますが、これらは全て戦没者の人達が引き起こしていると語っている方が多いようです。


しかし、多くの方が亡くなったのは事実ですが、こういった巨大な仏像や中にある様々な観音様や仏様があることから、近くにいる浮遊霊が自分を浄化してくれると思って勘違いして集まってしまっている可能性も否定できません。


なので、一概に全てを戦没者の人の幽霊が引き起こしているという風に決めつけてしまうのもおかしいかなと個人的には思います。

トンネル内でクラクションを3回鳴らしたらエンジンが止まった

ある方の場合ですが、観音トンネルの真ん中でクラクションを3回鳴らしたところ、自身の車のエンジンが切れてしまったそうです。


これは果たして偶然なのか定かではありませんが、少なくともクラクションを3回鳴らしたらエンジンが止まってしまったという事実だけは残っている状態。


よく他の心霊トンネルでもこういった話は出てきますが、偶然だとしても何故ここまでタイミングよくエンジンが切れるんでしょうか。


マニュアルのエンストだけではなくオートマの車でも起きるような話ですから、誰かが(生きている人間じゃないかも)故意に止めてるとしか思えないような話ですね。

トンネル内で生首を目撃した

ある方が勤めている会社の人が観音トンネルへ来た際に、体の無い「生首」だけの姿を見たという話があります。


何故生首だけなのか理由は不明ですが、トンネルだけに限らず生首を見てしまったら確実に気を失う自信がありますね。


ちなみに、僕の友人の中で霊感が強い人が複数人居ますが、幽霊を見たときに体が見える部分が多ければ多いほどその幽霊は霊力が強いと言っていました。


つまり、今回の場合は生首なので、本当のところは危ない幽霊ではないと思われますが、中には例外もあるのでやはり幽霊を見ないことに越したことは無いかなと思いますね。

車内にも付いていた手形

ここからは実際に心霊体験をされた方々の話をしていきたいと思います。

とあるカップルの二組が観音トンネルへとやってきました。


観音トンネルについての噂を事前にネットで見た状態でやってきたので、クラクションを鳴らすことで起きる心霊現象について知っていました。


なので、観音トンネルへ肝試しで来た際に早速トンネル内でクラクションを3回鳴らしてみます。


しかし、噂で聞いたような心霊現象は特に何も起きず、拍子抜けしてしまいます。


「なんだ、何も起こらないじゃないか」


起こらない以上はどうしようもないので、諦めてトンネル内から抜けて外へと出ていきました。


しかし、トンネルから離れてしばらく走ったあとコンビニへ着いたところ、よーく車を見てみるといつの間にか手形がびっしり付いていました。


しかもただ付いているだけならまだしも、車外だけでなく「車内」にも付いていたのです。


自分たち以外は誰も乗っていないはずなのに一体誰が付けたのか。


真相を知るのが怖くなってしまいます。

幽霊に両足を掴まれた運転手

これも先ほどと同様に、カップル二組が肝試しで観音トンネルにやってきた時の話です。


このグループも同じようにトンネルの真ん中でクラクションを鳴らしてみますが、やはり心霊現象は起きません。


しかし何を思ったのか、全員車から降りて車外へと出てしまいます。


そんな中、一人の運転手が動かずにそのままじっとしていました。


「なんだ?怖いのか?」


と運転手に聞いたところ、


「ドアを開けて俺の脚を見てみろ」


と言われたので、ドアを開けて見てみると、彼の足元にはなんと両手でがっしりと掴んでいる腕がそこにはあったのです。


この腕は一体誰なのか。


両足を掴んで離さないのは、


「ここから逃がさない」


という意味が込められていたのでしょうか……

原付バイクを探す高校生

これはあるカップルが体験した話なのですが、ある日に東京湾観音へ肝試しをしにやってきました。


例のごとく観音トンネルの中でクラクションを3回鳴らして、心霊現象が起きるかを確かめました。


しかし、特にこれといった心霊現象は起きなかったので諦めます。


すると、無人駅のところで喋っていたのですが、東京湾観音の方から「ある二人組の高校生」がやってきて、自分たちの方へと歩み寄ってきました。


「スミマセン、俺たちの原付バイクをトンネル付近で見ていませんか?」


と声を掛けられたので、


「いや、バイクは見てないよ」


と答えました。


「そうですか……スミマセン、ありがとうございます」


と言い、また東京湾観音の方へと歩いていきました。


「不思議な子たちだな……」


と思いつつもあまり気にせず、その日は特に何事もなく家に帰ったそうです。


そして次の日の朝、ニュースで「ある事件」が報道されました。


その内容は、


「二人組の高校生が東京湾観音付近で原付バイクによる事故を起こして亡くなった」


といったものでした。


その二人の顔をよく見ると、前日に声をかけてきた、あの二人組だったのです。


「おいおい、あの二人じゃないか……」


と、衝撃の展開に言葉を失ってしまったのでした。

背後から感じる強烈な気配

ある方が会社の同僚から東京湾観音で怖い体験したという話を聞き、友人と2人で東京湾観音へやってきました。


東京湾観音へ続く参道がありますが、その参道をひたすら車で走っていた時に突然ものすごい違和感を感じます。


それは自分たちは運転席と助手席に座っているので後ろには誰も乗っていないはずなのに、とてつもなく強烈な視線を後ろの座席から感じたのです。


その強烈さゆえに、とてもじゃないですが後ろを見ることは出来ませんでした。


何気なく運転している友人を目線だけ移して見てみると、友人も自分と同じように固まっている状態で運転しているのが分かりました。


参道の坂を上りきって頂上に着いたところで、その強烈な気配は消えました。


落ち着いたところで友人と話をし、2人とも後ろにあった恐ろしい気配に対して互いに感じていたことを共有。


結局その正体は何だったのか謎ですが、参道を含めてあの場所にはそれだけの念を残してしまうような出来事があったのでしょうか・・・

東京湾観音の参道で首を絞められる

これはある方の友人が体験した話で、その友人は友達と2人で東京湾観音へと行ったそうです。


東京湾観音へ向かう参道を車で走っていた時、周りを見ながら、


「これ、本当に観音様が祀られているような場所なのか?」


と、草や木が鬱蒼とした異様な雰囲気に圧倒されつつ思っていました。


神聖な雰囲気とはかけ離れたその参道を走っていた際に、助手席に乗っていた友人が突然苦しみ始めて、呼吸がおかしくなったのでどうしたのか?と聞きます。


その友人は霊感が強いそうで、幽霊が見えるとのことですが、何者かが自身の首を絞めていると答えたそうです。


頂上へ続くにつれてその感覚はどんどん強くなっていき、もうこれ以上はダメだとなって途中で引き返して戻ることを決意。


完全に下りたところで友人の呼吸が楽になり、通常の状態に戻れたそうなので先ほどの時の状況を友人に聞くと、自身の首を絞めていたソレは自分を海の中に引きずり込もうとしていたと語りました。


しかし、参道とはいえ海からは少し遠い場所にあるので、なぜそこから海に引きずり込もうとしているのが分かったのか謎なんですが、その友人は首を絞めてきた幽霊に何か語りかけられたのでしょうかね・・・

テント内で何者かにのしかかられる

ある方が観音トンネルの噂を聞きつけてトンネルにやってきました。


トンネル内で例のごとくクラクションを3回鳴らしますが、何も心霊現象は起きませんでした。


その後トンネルの外で用を足したそうで、何事も無かったかのようにトンネルを離れて海岸沿いの浜辺へ向かって車を走らせていたそうです。


そして、浜辺に着いてからテントを張り、寝袋に入って就寝します。


この場所自体はかなり奥まったところにあったので、釣り人ですらまず来ないような環境だったのですが、23時を過ぎた時に砂の上を何者かが歩きつつこちらへ向かってくるのが分かったそうです。


そして自身の居るテントの前までその足音がやってきた時、突然奇声を上げながらテントの上から何者かがのしかかってきました。


体が首から上以外は全部寝袋に入っていたのでうまく身動きが取れませんでしたが、内側からなんとかジッパーを開けて払いのけます。


しかしながらよく見てみると、テントが潰れていないどころか、誰一人その場所に自分以外に居なかったそうです。


のしかかってきたあの感覚は一体何だったのか全く分かりませんでしたが、夢にしてはあまりにもリアルすぎるので、記憶にも深く刻まれる事となったんだとか。

東京湾観音で幽霊に追いかけられる

これはある方が友人と3人で東京湾観音へ行った時に起こった話です。


東京湾観音へ向かうために参道を車で走り抜けていき、目的地へと辿り着きました。


東京湾観音に着いて皆で夜景を見ていたところ、友人の2人が何の前触れもなくいきなり走り出します。


その後に車へ乗り込んでエンジンをかけたので、その方は驚きつつも急いで車へ一緒に乗り込みます。


この友人2人は昔から霊感が強いそうで、友人たちいわく夜景を見ているときにいきなり人が目の前に現れたため驚いてしまい、逃げるように車へ向かって走り出したとのこと。


その後車へ乗り込んでからは、その幽霊がまず運転席の前へ来て様子を伺い、その後に助手席へと回り込んだそうです。


その際に何かブツブツ言っていたそうですが、とにかく逃げなければマズイと思って車を発進させ、参道を駆け抜けながら下りていきました。


その方は霊感が無いので状況を把握するのが難しかったのですが、その2人を見ると顔面蒼白だったので、いかにその2人にとって恐ろしかったのかだけは理解が出来たそうです。

東京湾観音付近の観音トンネルが封鎖された理由

相打ちを打つ女性の写真

東京湾観音の観音トンネルは、昔は富津市の住民にとって重要なトンネルであり、日常生活の中で重宝されてきました。


しかし、とある時期を境にこの観音トンネルは入り口を閉鎖されて廃墟の状態になってしまいました。


何故観音トンネルを閉鎖することになったのか。


その理由は、観音トンネル付近で事故が多発している現状から変えるために閉鎖したという噂があります。


ありますが、実際は東京湾観音が出来る前から存在していたトンネルであったこともあり、壁の老朽化に伴って危険であると判断して閉鎖することになったのが本当の理由だそうです。


一応閉鎖されてはいるのですが、肝試しに来た若者達が行ったのか、バリケードが一部破られていて、トンネル内に入ることは現在でも出来ます。


ただ、老朽化している以上は物理的な危険があるため、興味があっても探索することはおすすめしません。

東京湾観音に向かう途上に緑色のガードレールがあって不気味

ガードレールの写真

東京湾観音へ向かうにあたって車で参道を走るのですが、その途中から左側にガードレールが出てきます。


しかしこのガードレール、他のガードレールと少し違う特徴を持ちます。


それは、ガードレールの色が「緑色」だということ。


ガードレールというのは通常白色ですが、この場所のガードレールは「緑色」というところで、何故緑色なのかが謎となっています。(仮に錆びたとしても茶色であるため)


ある一説では、昔この参道で事故があった際にガードレールに叩きつけられ、その衝撃によってその方の首か胴体が切断されてしまい、ガードレールが血まみれになってしまったようです。


そして、そのままの状態では当然ながら良くないので色を白く塗り直すわけですが、何度塗り直しても血の跡が浮き出てきてしまうために緑色に塗ったと言われています。


ちなみにですが、これは一つの情報ではあるのですが、心霊スポットの付近にあるガードレールが緑色になっている箇所があった場合、そこには幽霊が居るという話があります。


もし心霊スポットへ行かれる場合は、周りにあるガードレールの色に注目してみてはどうでしょうか。

東京湾観音はパワースポットである

いいねをする女性

東京湾観音は一部で心霊スポットとしてかなり有名になってしまっています。


しかし実際は様々な種類の観音様や仏様がおられ、不思議なパワーが働いているとされていることから、昼間はパワースポットとして人気があります。


東京湾観音ではお土産や御朱印も貰えるので、ここでは東京湾観音について改めて歴史やその概要について解説していきます。

東京湾観音を作ったのは宇佐美政衛という人物

まず東京湾観音の歴史について触れていきたいと思いますが、この東京湾観音を建設したのは宇佐美政衛という人物です。


宇佐美政衛は第二次世界対戦が起きている際に東京で材木問屋を営んでいました。


1945年の東京大空襲において多数の犠牲者が出てしまった時、その光景を目の当たりにした宇佐美政衛は、戦没者の慰霊と世界平和を願って東京湾観音を建設することを決意します。


そして1959年に東京湾観音は完成し、その大きさは高さ56メートルの観音像で中は螺旋階段式に314段の20部屋あるという構造になっています。


腕、頭の部分には展望が設置されて東京湾を一望できるようになっており、そこには転落事故防止の金網が設置されています。


あと、東京湾観音の館内には宇佐美政衛の銅像と写真があるので、ぜひご覧になってみてはどうでしょうか?


ちなみにですが、地上から最上階まで上がろうと思えば時間にして20分~30分ほど掛かる形になっていますので、ひとつの参考にしてみてください。

東京湾観音の宗派は何?

東京湾観音に入っている宗派としては特に決まっておらず、様々な宗教が入っているので、どの宗派の方でも問題なく参拝できるようになっています。


それだけ世界平和を願う気持ちが強いと言えるのではないかと思いますね。


ちなみにですが、この東京湾観音では観音経で「南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)」と唱えると、唱えた人に対して観音様から恩恵があるとされているので興味のある方はやってみてはどうでしょうか。

東京湾観音で買えるお土産とは?

東京湾観音の拝観所では様々なお土産を買うことが出来ます。


買うことが出来るお土産としては、

  • 念珠
  • 各種お守り
  • おみくじ
  • オリジナルの絵葉書
  • 地域物産品
  • 甘酒
  • キーホルダー

などがありまして、この東京湾観音でしか買えない名物も多くあります。


特にキーホルダーは東京湾観音を模したデザインとなっており、その価値は十分にあるでしょう。

東京湾観音の御朱印はもらえるの?

東京湾観音の御朱印は観音入口の切符売り場で貰うことが出来ます。


御朱印を貰う場合は300円掛かりますので、貰うのであれば


「お金を忘れた!」


ということが無いように気を付けてください。


あとは、御朱印を貰うまでに時間も掛かりますので、御朱印の手帳だけ預けてその間に東京湾観音の中を巡っていくと良いでしょう。

心霊スポットである東京湾観音と観音トンネルの参考動画

東京湾観音と観音トンネルは心霊スポットとして有名ですが、中には


「東京湾観音と観音トンネルがヤバイ心霊スポットなのは分かったけど、実際に夜中に行ったらどんな感じなのか知りたい」


「気になるから行ってみたいけど、そもそも自分の家から遠すぎで無理だから参考になる動画は無いだろうか」


といった方がいらっしゃるのではないかと思います。


そこで、東京湾観音と観音トンネルの雰囲気やその怖さを体感できる動画がありましたので、気になる方は参考にしてみてください。

有名な心霊スポットである東京湾観音への行き方

最後に、東京湾観音へ行ってみたい方のために行き方を紹介します。


東京湾観音へ向かう場合は、最寄りの富津中央ICで下りるのが良いでしょう。


東京湾観音は長い参道を走ることで現地に着くのですが、その参道までの道のりも短いので苦労はしないと思います。


以下に東京湾観音の住所と地図、ルートを記載します。

【住所】千葉県富津市小久保1588

  1. 富津中央ICを下りる
  2. ICを下りたあと、すぐのT字交差点を右折
  3. ミニストップがある交差点を左折
  4. 佐貫町駅があるT字交差点を右折
  5. 道なりに走っていくと「東京湾観音表参道」と書かれた看板が見えるので左折
  6. 参道を道なりに走っていくと到着

ちなみに観音トンネルについては、最後の参道に入った時に右側に短いガードレールが2つ現れるのですが、その先に道があってそれぞれ進んで行くと観音トンネルがあります。


最初に出てくるガードレールの先が入り口側、2つ目のガードレールの先が出口側となっていて、出口側は完全にバリゲートで封鎖されています。


なので、入り口側も封鎖されてはいるのですが、こちらに関しては実はトンネル内に入れるので、もしトンネルに行きたいなら最初の右側ガードレールから入る事をお勧めします。

まとめ

今回は、千葉県富津市にある心霊スポット「東京湾観音」について解説してきました。


東京湾観音では昔から腕、頭に位置する展望台から多くの人が飛び降りたという噂が存在し、その幽霊が現れるという怖い話があります。


そして、この飛び降り自殺が多いことによって頭、腕の展望に金網を設置したとなっていますが、これはその展望のある位置において突風を受けやすくなり、この風によって誤って転落してしまうのを防ぐために付けられたのだと話しました。


また、参道の途中にあって現在封鎖されている「観音トンネル」でも多くの噂や心霊現象、そして心霊体験談が数多く存在していて、東京湾観音より観音トンネルの方が「本命」なんじゃないかと、心霊マニアの間でも囁かれています。


それと、2018年以降に発生した台風による災害は、東京湾観音の工事の際に体の向きを変えたことによって起きたのではないかという都市伝説が出回っており、これに関しては正直謎。


確かに工事の時期と災害が起きた時期と照らし合わせると、タイミングとして繋がってると捉えられてもおかしくはありません。


しかし、この工事は東京湾観音が崩れるという最悪の事態を防がなければならない事から行っているものなので、必要な事に変わりはないですし、それを災害と結びつけるのもどうかと個人的には思っています。


あとは、観音トンネルに関しては封鎖された理由が「トンネル付近であまりにも事故が多かったから」と言われていますが、実際には東京湾観音より前に作られたトンネルで、老朽化が激しくなってきている背景から危険として封鎖されただけです。


ただ、事故そのものが多発していた事は事実のようですので、今では問題ないにしろ、参道そのものもまたカーブが多く事故になりやすいと予測できます。


ですので、昼間の観光であっても、夜の肝試しで来るにしろ、参道においての運転は十分注意してください。


また、東京湾観音自体は受付が16時30分で、営業時間は17時までとなっているため、間違っても17時以降に来て東京湾観音の敷地内に入ると不法侵入になるので、合わせて気を付けてください。

霊障や心霊現象、運気が悪くなったと感じる方へ

「最近自分の周りで変なことが起きるようになった」


「ある心霊スポットに行ったら、その日から金縛りや心霊現象などの霊障が起きるようになって困っている」


「ある日を境に急に体調が優れない日々が続くようになった」


「最近生死を彷徨うような病気に掛かったり、事故に巻き込まれるようになった」


などの出来事が起きるようになって、


「どうすればこれらの問題を解決できるのか分からないので教えてほしい」


といった話が多く散見されるようになりました。


そこで上記の悩みを自分で解決できるセルフお祓いの仕方や効果、もしそれでも解決できなかったらするべきことなどをまとめた記事を書きました。


もし先ほどのような悩みを今抱えていて、


「なんとかこの問題を解決したい!!」


と思っていたり、興味がある方がおられましたら、この記事を参考にしてみてください。

効果があるセルフお祓いの仕方とは?自分でできる簡単なやり方でスッキリ解決!

LINE登録用バナー

最初のコメントをしよう

必須