心霊スポット【青森】月光の滝は元修験道!掟を破って行くと呪われる?

滝のイメージ

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

青森県青森市に存在する、月光の滝。


ここは元修験道で、僧侶が修行として滝に打たれるところであった。


神聖な場所であるからとして、


心霊スポットとしても有名である。


ある掟を破ると祟りを受けてしまうことから、


分かっている人の場合は、不用意に近づかないようにしている。

月光の滝への行き方

月光の滝へ行くためには、

  1. 青森東ICを出て右へ曲がる
  2. 県道123号線へ入って、みちのく有料道路との分岐点を直進方向
  3. そのまま走っていくと、左側に月光の滝の石碑があります鳥居が目印

これで辿り着きます。

【住所】青森県青森市滝沢小川平87

月光の滝とはどんな滝か? 

滝奉行

月光の滝は、大正8年10月12日に濱田松實という人物が、


大山祇大神の夢枕にて、月の光に照らされる滝を見た事から


「月光の滝」という名前がついたという。


落差5メートルの滝で、


そのまま水が流れるのではなく、


上段から流れた水が、途中の下段で3つほどの滝に分かれるような特徴を持つ。


僧侶の元修行場で、


現在は、ここを管理している三柱教会の会長から直接許可をもらわないと


滝に入れないようになっている。

月光の滝では守らないといけない掟がある

ルール

月光の滝へ来る際に、守らないといけない事項がある。


それは、「四本足の肉を食ったもの、立ち入るべからず


である。


簡単に言えば、豚、牛などの肉を事前に食べてしまった人、


または、ネギ類を食べた人は、


その状態で滝つぼへ行き、自身の姿を写すと、


滝つぼに引きづり込まれてしまうと言われている。


これは大山祇大神が祀られ、神聖な場所であることから


上記の事項は禁止しているそう。


もっと言えば、僧侶の修行場で、その際に肉やネギを食べないからである。

掟を破った人は色んな心霊現象に遭う?

霊の文字

掟を破り、この月光の滝へ来た人たちは


総じて何かしらの心霊現象や、恐怖体験をするのだという。

  • 滝つぼの前に橋があり、そこにオーブのような白い発光体が浮かんでいた
  • 人影を見た
  • 月光の滝へ来たカップルのうち、女性が何者かに憑依されたように精神が狂った
  • 滝に向かう途中で金属音が聞こえ、その際に僧侶にどこかへ連れていかれる
  • 現場を離れてからラップ音、金縛りにあう

など、神聖な場所のためか、


祟りのような体験を受けてしまうようだ。

橋で白い発光体を見た

滝に着く前に橋があるんですが、


そこを渡ろうとした時に、白いオーブのような発行体が揺らいでいたという。


体験談の一つに、橋の上でこの発光体を見てしまい、


驚いて車に戻って発進したところ、事故に遭ったという話がある。


肉眼で見ているものなので、


水しぶきとかではないことは確かだと思います。


しかし、発光体であった場合、それは人魂であると考えられるので、


近づくのは危険でしょう。


もし見てしまったら、慌てずに冷静になって行動することが大事になります。

人影を見た

橋の上か、或いは滝つぼ周辺で見たのか分かりませんが


人の影のような物体を見たとのこと。


ここは滝で、且つ修験場であった場所なため、


何かしらの力がその場では働いている事は間違いない。


となると、その力によって


引き寄せられる浮遊霊がいることは十分にあり得るでしょう。


つまり、その人影というのは、


滝のある場所から離れたところにいた、


浮遊霊がやってきたモノを見てしまったんじゃないかと思われますね。

女性が憑りつかれたように精神が狂った

カップルで肝試しに月光の滝へ来たところ、


女性の方がまるで何者かに憑依されたかのように、


精神的におかしくなってしまったという。


掟を破った状態でやってきたかによりますが、


女性が憑りつかれやすい「何か」がそこにはあるのかもしれません。


もし夜に来る場合は、女性は気を付けた方が良いかと思われます。

金属音が聞こえた時に僧侶がどこかへ連れて行く

滝へ向かっている際に「カーーン」という金属音のような音を聞くと、


その場に居る僧侶が、どこかへ連れて行くらしい。


どこへ連れて行くのか不明だが、


金属音が聞こえた時は危険だという合図なのだろうか。


というか、そもそもなぜ僧侶が居るのかという話ですけど・・・


まだ僧侶が修行の場として使っていた時代の時だと思われますが、


いきなりどこかへ連れていかれるのはさすがに怖い。

ラップ音や金縛りに遭う

月光の滝へ来て、帰った際、


ラップ音金縛りに悩まされる人がいるらしい。


僕の友人でも心霊スポットに行った後、


家で金縛りに遭う事件がありましたね。


金縛り自体は、筋肉の疲労から出る症状が原因とされているので、


一概に言えないんですが、


金縛りの最中に、通常ではありえない事が目の前で起こったら、


それは霊に憑りつかれている証拠なので、


その場合は、即刻お寺に行ってお祓いしてもらいましょう。

月光の滝の怖い体験談

街のホラーイメージ

月光の滝では、噂だけではなく、


実際に恐怖した体験談がいくつかあるため、紹介していきます。

体験談①

5人で車2台使って行った際に起きた話で、


その時は雪が降っていたんですが、


月光の滝に着いた時、鳥居があって、


その先に多くの地蔵が立っていた。


それをみて恐怖しつつ先へ行こうとしたところ、


雪が積もっていて、先へ進むのは危険だろうと言うことで


次の機会にしようと思って帰る準備をしていた。


その際に、エンジンをかけてラジオを流していたのですが、


音量は小さい状態にしていたんですね。


しかし、そのまま流していると


いきなり音量がデカくなったのです。


もちろん誰も音量はいじっていなく、勝手に音量がデカくなったのだ。


これに恐怖した一行は即座に車に乗り、


逃げるようにその場を離れたという。


多分ですが、音量がデカくなったのは


幽霊がカーステレオの中に入り込んだことによる霊障。


幽霊は電波電気を通じ、機械の中に入ってしまうと言われていますから。

体験談②

昔、人に貸したことがあるビデオカメラの記録を見ていたところ、


月光の滝に行ったとされる映像があった。


その際に、ビデオはやや不安定でうまく撮れていなかったんですが、


途中でマイクを引っ掻く大きな音が響いた。


しかも大きな音が聞こえる前に、小さい音も入っていて、


その音は、まるで人のうめき声のようなものだったそうです。


その後はすぐさま削除したとのこと。

月光の滝の付近は霊が集まりやすい?

暗いトンネル

あるところの話では、


月光の滝の周辺は霊道となっており、


多くの浮遊霊が集まっていると言われている。


さらに、事故多発地帯ともなっており、


実は滝の周りも危険な場所となっているようだ。


滝も「」である以上は、霊が集まりやすい環境にあるので、


心霊現象も起きやすいです。


車で行く際は何があっても冷静になって、


安全運転で移動するようにしてください。


噂の中にも、発光体に驚いて車に乗って逃げたら事故ったという話がありましたので。

まとめ

今回は、青森県青森市にある月光の滝について書いてきました。


この滝は元修験道で、神聖な場所。


肉やネギを食べた後で来てはいけない掟があり、


もし破ったなら、恐らくここの神様の祟りを受ける事になるでしょう。


その他にも、ここは霊が集まりやすく、


中には霊道になっている場所があるとさえ言われています。


月光の滝へ来る際は、


掟は必ず守り、車の運転には十分お気を付けください。

最初のコメントをしよう

必須