心霊スポット【宮城】ホテルニュー鳴子で火災で亡くなった人がいるのはデマ

廃墟通路イメージ

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

ホテルニュー鳴子は、宮城県大崎市にある廃墟で


鳴子温泉街の中にひっそりと建っている元ホテル。


ここは火災が起き、多くの死者が出たという噂が広まっている場所で


多くの若者が、肝試しにやってくる。

【住所】宮城県大崎市鳴子温泉沼井74-30

ホテルニュー鳴子の建物の概要

恐い廃墟

ホテルニュー鳴子は元ホテルで、


1976年には開業されていたとみられている。


3階建ての建物を2つ連結した形となっていて、


別の建物として浴室棟もあった。


いつ閉業したかは不明だが、割と最近まではやっていた形跡がある。


閉業理由としては、火災によるものと、


鳴子温泉から離れている場所に建っていることもあり、


観光客が全盛期でもそこまで多くなかったため、


火災の修繕もせずにそのまま潰れたとのこと。


2015年の時点で、


建物が解体されていて無くなっていたという情報が多かったが、


実際は草木が高く生い茂り、建物の色と相まって、


うまく同化してしまって見えなかっただけで、


今でも建物は現存している。

ホテルニュー鳴子ではフロントの電話が突然鳴る

怖い電話機

ホテルニュー鳴子の噂の中で目立つものは、


肝試しをしていると、フロントで突然電話が鳴りだし


受話器をとると、


「くるしい・・・あつい・・・」


という声が聞こえてくるというもの。


そして、受話器を話しても、その声は聞こえ続けるんだとか。


YouTubeで動画を一応見ましたが


電話機がなかったので、この噂が実際のところは不明。


動画によっては、


電話が鳴っているような音が入っているので、


もしかしたら、


電話が鳴る音が聞こえる現象自体は、本当かも。

電話以外で起こる心霊現象

闇夜に浮かぶ月

電話が鳴る以外の現象として、

  • 女性の霊が2階から手招きしている
  • 子供の霊を見た
  • 心霊写真が撮れた
  • ビデオを撮っても真っ暗な映像しか出ない
  • 女性の声が聞こえた
  • 肝試しに行った人の中には憑りつかれてしまった人もいる
  • オーブが撮れる
  • 建物内で誰かに引っ張られた

など、心霊写真や霊の目撃、ビデオの不具合も発生するような現象が起きる

女性の霊

建物内や、外から2階を見ると、女性の霊が居るという。


女性の声も聞こえ、手招きしている様子も見えたりと、


そのまま近づいて行ったら危険な匂いがする。


噂の中には、火災が起きた際に女性が亡くなったという情報もある。


そのため、この女性の霊は、きっとあの世に連れて行こうとしているかもしれない・・・

子供の霊

子供の霊を見た話もある。


しかし、この手の話は、心霊スポットにおいてはよく出てくるものだ。


女性の霊が出たという情報があれば、


なぜか子供の霊を見たというものもセットで付いてくる。


多分女性の霊だと、単純に子供を連想しやすいからだと思われるが、


その場所の恐怖を煽る目的で一緒にしている感が半端ない。

心霊写真やビデオの不具合が発生する

建物内で写真を撮ると、オーブが撮れるという。


さらに、ビデオを回しているにも関わらず、


なぜか画面が真っ暗な状態になっていて、


何も映し出されていなかった話まで。


オーブや霊が写真に写るのはよくある話だが、


ビデオを回しているのに画面が真っ暗な状態というのは、


霊障の可能性が極めて高い。


カメラを回している時に、ノイズが入る事があるが


あれは、霊がすぐ近くにいることによって発生する場合がほとんど。


霊は「プラズマ」だと言われていて、


機械に電波、電気を通じて入り込んでしまう事が分かっている。


今回のビデオが真っ暗になっている現象は、


恐らく霊が入り込んだことによるトラブルだと考えられる。


ただ、そのような現象が起きた場合、


将来的に良くない事が起こってしまう原因にもなるため、


即刻お祓いすることを勧めます。

誰かに後ろから引っ張られた

とある体験談では、


建物内で探索中、心霊現象に見舞われてその場から必死で逃げている時、


誰かから後ろで引っ張られていた話がある。


引っ張ったと疑われた本人は、その引っ張られた人よりもで走っていたため、


引っ張ることは出来ないと言っていた。


つまり、自分たち以外の「何者」かに引っ張られていたという事になる。


この話を聞いた時、真っ先に思ったことは、


心霊現象が起きて、そこから逃げている最中に引っ張られたということから


その引っ張っていた「何者」かは、


きっとあの世へ引っ張ろうとしていたんじゃないかと。


霊は手足を動かすことはできないとされているけど、


あの世へ連れていく事は出来る。


もちろん体験した本人にしか分からない事なので、


ここで深く考えても意味がないところではあるが。

肝試し中に憑りつかれた人がいる

女性か、男性か定かではないが、


霊に憑りつかれてしまった人が居るという。


霊感がある人は基本的にそのリスクは高まるが、


霊感がゼロであっても、その場に居る幽霊と波長が合ってしまえば


同じように憑りつかれる可能性はある。


もし探索中や、入る前に体調が悪くなった場合は、


すぐその場から離れるようにしましょう。


自身が弱っている時にこそ、そこを突かれて入り込まれかねません。

ホテルの地下にある大浴場は霊が多く集まっている?

浴場

ホテルの地下には大浴場があり、


その空間に多くの幽霊がいるとされている。


浴場は水がある場所のため、


霊が引き寄せられやすい。


建物の周りにいる低級霊(浮遊霊)も、


こういった場所には集まってくる。


もちろん心霊現象も発生しやすいので、


入っても構わないが、長時間居ることは避けるべきである。


霊感がある人は、


この浴場の場所が分からなくても、地下がどこにあるかが事前に分かってしまうみたいです。


それほどの霊力が、地下ではあるのかもしれない。

ホテルニュー鳴子の火災で亡くなった人が居るのはデマ

嘘

噂ではホテルニュー鳴子で火災が起き、


その際に、かなりの人数が亡くなったという話がもっとも有名だ。


しかし、これは全くのデマ


確かに、30年ほど前に火災が起きたことは本当で、


それも相まって閉業したことも事実。


だが、この火災自体は小規模で、


掲示板に少し書かれたぐらいで、ニュースになるほどのものでは無かった。


そして人も、一人たりとも亡くなっていないのです。


まだネットが普及する前の時代なので、


事実を隠し、話を誰かが勝手に盛っただけのことだった。

霊能力者が立ち入る事を拒んだ

お札を持った人

火災に関しての情報が広まりすぎたのか、


霊能力者がこのホテルへ来た時、


「火災で亡くなった人の怨念が強すぎて中に入れない」


と言った話が出ていた。


しかし、これは先ほども言ったように、火災は起きているけど


誰も亡くなっていないと言いましたよね。


つまり、これもこの火災に関してのデマを広げ


更に恐怖を煽るために作られた話なんですよ。


実際にはそんな怨念は無いはず。

しかし、霊が居ないとは誰も言っていない

注意

火災による死者も居なく、


その場には怨念というものも存在していない。


しかし、地下は浴場があり、


一部は火災で燃えた跡が残っている。


火災も、「」なので、これも浮遊霊が集まる原因にもなる。


つまり、


「火」と「水」がそろっているので、


浮遊霊が集まりやすい環境は出来ているということ。


場所も分かりにくいところに建っているし、


寂しい雰囲気も出ていますしね。


なので、幽霊は居ないと思って油断すると


怖い目に遭う可能性は高い。


探索する時は注意しましょう。

まとめ

今回は、宮城県大崎市にあるホテルニュー鳴子について書いてきました。


この場所は火災が起き、多くの人が亡くなったとされていたが、


この話は完全にデマで、


火災から話を盛って、恐怖を煽っているだけだったと思われます。


一応探索は可能ですが、


行く際は、必ず管理人から許可をもらってから入るようにしてください。


許可なしで入った場合、不法侵入として罰せられる可能性があります。


そして、入れたとしても、


建物内は結構荒れていて、


特に3階へ行くための階段が倒壊寸前だそうですので、


3階は行かないようにしましょう。


もちろん他の場所も倒壊が進んでいるので、


探索の際は、ケガをしにくい格好で探索するようにしてください。

最初のコメントをしよう

必須