心霊スポット【新潟】ブラックハウスは自殺したい人がやってくる廃墟?

恐い廃墟

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

ブラックハウスとは、新潟県西蒲原郡にある廃墟で


正式名称は「弥彦無線中継所」。


この廃墟は、新潟県で一番有名といっても過言ではない、


「ホワイトハウス」と関係があるとされている建物です。


ではなぜ、その「ホワイトハウス」と関係した建物と言われているのか


この記事で解説していこうと思います。

【場所】新潟県西蒲原郡弥彦村大字麓

ブラックハウスの建物の特徴

電波塔

弥彦無線中継所、通称ブラックハウスは


県道561号線弥彦山スカイライン沿いにある通信施設跡。


現在では草が生い茂っていて、どこから入るのか分からない状態にありますが


建物のある前の道がT字になっているので、そのT字の入り口あたりから歩いて入れる道がある模様。


コンクリート2階建てとなっていて、隣にはアンテナ塔的なものが存在している。


話によれば、1956年には建物は存在していて、1965年には廃墟化しているとのこと。


ここは、


正式名称は「弥彦無線中継所」で、通称は「ブラックハウス」ですが、


またの名を「自殺電波塔」といわれている。


建物の中は空っぽの状態になっていて、自殺する要素がなさそうに見えますが


ここには、ある都市伝説が、その名前で言われるようになった原因。

ブラックハウスにおいて引き継がれた都市伝説

フック

都市伝説なので、あくまでもそういった噂があるんだという感覚でいてもらえればと思います。


ブラックハウスは元々、冒頭に紹介した、


「ホワイトハウス」


これの本当の場所が、この「弥彦無線中継所」なんじゃないか?


という噂があり、その「ホワイトハウス」と建物を区別するために


「ブラックハウス」という通称が付いたと言われている。


建物を見れば黒く見えなくはないので、あながち合っているかも・・・


この「ブラックハウス」は、


「ホワイトハウス」で事件を起こしたある少女が、その事件をおこしたあと


このブラックハウスにやってきて、建物内にあるフックを使って自殺した


というのが、一般的に噂で出てきている。


あとは、別パターンで


ホワイトハウスで少女が事件を起こしたのち、


その少女がジェイソン村を作る。


そしてその後に、ブラックハウスで首吊り自殺した


という2つのパターンの都市伝説で、このブラックハウスは


心霊スポットとして作り上げられている。


そもそも、ホワイトハウスの事件がガチかどうかは不明なので


あくまでも、エンターテインメントとして聞いた方が良いかと。


因みに、ジェイソン村自体は全国に色んな箇所にあると言われているので


「100%ありえない」という話では無いという事は言っておこうと思います。


そして、この少女がブラックハウスで、フックを使って首吊り自殺したことにより


その少女の霊が現れるようになって、


その結果、この近くにやってきた人間を少女がこの建物に引き寄せ、


同じようにフックで自殺させる


というような噂があったことから、


この場所が「自殺電波塔」という別名で呼ばれるようになった。

ブラックハウスでの心霊的噂は?

心の闇

少女がこのブラックハウスで自殺したことによって、その霊が現れる


というのが一番ポピュラーな噂となっている。


それ以外では、少女に引き寄せられた人間が同じように自殺してしまう


それによって、その別で自殺してしまった霊が現れる。


または、その自殺者を引き寄せる原因では、少女ではなく、


建物の隣にあるアンテナが、


そういった「自殺しよう」という風な、心理状態にさせてしまうような電波を発している


なんて噂もあり。


つまり「自殺電波塔」は、このアンテナの事を指していて、


「ブラックハウス」は、建物の事を指している


ということです。


ちょっとややこしい。

実際にこのブラックハウスで自殺した人がいる?

首吊り

噂はあくまでも噂なので、自殺があったかどうかという判断材料は、基本的にはないです。


しかし、どうも調べてみると、


昔に同級生がここで首吊り自殺した


という事を聞いた方がいるそうで、


報道されていない、もしくは昔過ぎて、そのデータが出てこなかっただけ


という可能性もある。


フックは、今現在無くなっているようで、


恐らく今後、そういった事をするような人間は出てこないと思いますけど


建物内が老朽化で、足元が危なくなっているという情報があるので、


自殺者の代わりに、物理的なケガ人が出そう。


まあそもそも、管理人が居ないとは限らないので


行くのであれば、確認して、許可をもらってから行くのと、


充分に安全に気を付けて探索してもらいたいと思います。

まとめ

ブラックハウスの、ホワイトハウスとの関係性については疑問ですが、


電波塔があることから、霊自体は引き寄せやすかったのは間違いない。


周りには、よく分からない地蔵や石碑、


そして鳥居の飾りが一定の距離間隔で何個も置かれている。


こういったものが道路にある時、何か特殊な力が働きます。


ここでの場合は、気の流れが悪いと思われる。


そうなると、幽霊を引き寄せたり、自身に良くない影響を与える可能性があるので


昼間は良いですが、夜は辞めた方が無難かと。


ただ、昼間の探索でも、建物の状態からみてもケガすることが考えられるので


探索の際は、足元が悪いところはやめておくなど、


安全な場所だけ入るようにしてください。

最初のコメントをしよう

必須