心霊スポット【愛知】入鹿池は目を引く幽霊とガチな事件のハイブリッド?

入鹿池

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

入鹿池は、愛知県犬山市にある人工池で、
2010年3月25日に農林水産省のため池百選に選ばれた有名な池です。


そしてここは、ワカサギ、ブラックバス釣りとしても有名で、
秋から冬にかけて多くの釣り人で賑わう場所。


しかし、この入鹿池はそういった観光地とは裏腹に、
もはやネタとしか言いようのない伝説がありふれた場所なのです。

【場所】愛知県犬山市 入鹿池

入鹿池にまつわるお笑い幽霊

本からお化け

入鹿池の噂を見てみると、


どこもかしこも漫才でもやっているかのような霊の目撃談が多いようです(笑)

Uターン爺さん

Uターン爺さんってなんぞや?


と思って調べてみると、


夜にこの池に来ると、どこからともなくお爺さんが走ってきて入鹿池へジャンプ。


その後、向こう岸へ泳ぎ、水泳の選手のごとく岸を蹴ってターンをかまし、
また自分側へ泳いでくる。


そして池から出た後、超スピードで走り去っていくという伝説。


失礼ながら、書いていて笑いが止まらなくなってしまった。

ピョンピョン婆さん

今度はピョンピョン婆さんが居ると言うが、


この婆さんは、どうやら入鹿池の周りの道路を車で走っていると、
正座した状態でピョンピョンはねつつ追いかけてくるらしい。


しかも入れ歯をこっちに投げつけてくるという。


ピョンピョンはねつつ追いかけてくるというのは、
ポケモンのコイキングの伝説の業である「はねる」


よりも激しいのかね?


一度で良いからこの目で見てみたい。


とはいえ、入れ歯を投げつけてくるのは迷惑だな。


マリオカートの会場じゃないんですよ、この道路は。

ターボ爺さん

この爺さんも、ピョンピョン婆さんと同様、


周りの道路を走っていると、ジェット機ぐらいの速さで自分の車を抜かしていくらしい。


しかも人力。


どういう体の構造してんですか、この爺さんは。


そんな人力で走るなら、素直にジェット付ければ楽だろうに。

ローリング爺さん

これもまた意味不明なんですが、


周りの道路の交差点で、高速でぐるぐるスピンしているという。


ジェット爺さんの次は、高速でぐるぐる回る爺さんかよ。


はたから見ても邪魔すぎる(笑)


そんなにぐるぐる回りたいならブレイクダンスの大会に出て
実力を披露しましょう。

スクワット爺さん

Uターン爺さんから始まり、


ピョンピョン婆さん、ジェット爺さん、ローリング爺さん、
そしてスクワット爺さんが出てくるという流れ。


このスクワット爺さんもまた超越した人間かと思いきや、


他の爺さんと違って、
ただただ池のほとりでひたすらスクワットしているだけという


健康意識の高い爺さんでした。


僕も素直に見習わせていただきます。


というか、それなら普通に本物のお爺さんなのでは?

箱乗りねーちゃん

今度はおねえさんが登場。


これは箱乗りしていたおねえさんが木の枝に頭を打ってしまい、亡くなったらしい。


ドアの上に座っての箱乗りで打ったのか、トラックの荷台に乗る箱乗りで打ったのか分かりませんが、


少なくともここはヤンキーが多かったようなので、話自体は実在するかも?

首無しライダー

暗い森

首無しライダーって、都市伝説系では有名ですが、


この伝説に関しては、心霊スポットの場所でも
所々噂で出てきたりしますね。


木が多く生い茂っているような山の中で、バイクで走ったりすると、
その木の枝が垂れ下がっている事に気づかずに首に当たって切れてしまい、


自分の首が無いのに、気づかずに走り続けるというもの。


この話はどうやら、入鹿池の周りにある山の中で出てくるようです。


夜中だと木の枝が垂れても、速いスピードで走ってたら気づかないので、
皆さんもバイクでこの山を走る際は気を付けてください。


でないと、この首無しライダー伝説の犠牲者になってしまいますからね。

トランペットを吹く少年

トランペット

入鹿池の幽霊の噂として一番有名な話が、


入鹿池に来ると、どこからかトランペットの音が聞こえてくるという現象と、


後、水面に立ってトランペットを吹く少年ですね。


これはさすがに嘘だろうと僕は思ってましたが、


Twitterでまさかの幽霊扱いされていた方が登場(笑)


その方の話によると、
中学校時代に、入鹿池に来て水面にほど近いところで立ってトランペットの練習をしていたそうで、


理由としては、
吹奏楽部でトロンボーンを担当していたそうですが、


学校都合でトランペットに変わってしまい、全然吹けないので、
バレないように入鹿池に来て練習した、とのこと。


とはいえ、やはり夜中で人が居ないような池でトランペットの音が聞こえてきたら、普通にビビりますよね。

入鹿池はガチの事件や事故が多かった場所でもある

首吊り

一見すると、エンターテイメントな話ばかりが目立つ噂が多い入鹿池ですが、


実はその反面、本当に起きた事件や事故が多い場所。

女子高生飛び降り自殺

この女子高生の自殺は、受験シーズンで非常に苦労したため、
身を投げて亡くなったそうです。


どこでもそうなんですが、基本的に自殺者がいる場所というのは、念が非常に残りやすい。


その自殺者の念に誘い込まれて犠牲者が増えるパターンが多いですね。


あと、この女子高生の霊は、入鹿池にある赤い橋で出ると言われています。

ボート転覆で亡くなった

1999年3月10日、ブラックバスを釣りに来ていた学生2人が、
乗っていたボートで転覆してしまい、


1人がそれにより亡くなってしまった。


昔はこういった事故というのは、色んな場所で数多く起きていますが、
テレビの報道でもされている事もありますので、


そういった事があったのか、という意識を持つことは重要ですね。

女性死体遺棄事件

この事件は2013年に起きていて、愛知、岐阜、長野県など全25ヶ所にそれぞれの遺体の一部を捨て、


そのうちの一つが、この入鹿池という話。


残念ながらその一部というのは発見されていないとのことです。


直接入鹿池で起きた事件ではない(実際の殺人場所は岐阜県らしい)
のですが、


もし一般人が見つけてしまったら恐怖でしかないな。

首つり自殺

これははっきりした場所は分かりませんが、
首吊りの遺体が発見されたことがあるようですね。


入鹿池の周りとなると、普通に山か?


もしやるなら、普通は見えない場所でやると思うので、
多分山の奥とかでしょう。

入水自殺

これは、お爺さんが病気のお婆さんを背負って、入鹿池で入水自殺をしたというもの。


先ほど紹介した漫才好きの幽霊さんたちは、ここから生まれたものでは無いかと言われています。


ジャンピング婆さん、スクワット爺さんは、僕個人の考えですが、


お婆さんを背負った姿を考えた時、
お爺さんは人を背負ったら腰が曲がったような姿になりますよね?


これがスクワット爺さんに繋がるような気もしなくもないんですよ。


お婆さんも同様で体を少し丸めたような姿になるし、
背負われてお爺さんが歩いたら、横から見たら、上下に動くように見えます。


そうすると正座はともかく、ピョンピョンはねているような姿に見えなくもない。


まあ結局こじ付けみたいになってしまいますが、こういった思考をするのは大事です(笑)

入鹿切れにより多数の犠牲者

入鹿池

1633年にこの入鹿池は完成しました。


ですが、1868年5月13日に4月からの大雨が連続していたこの入鹿池で、
堤防が耐え切れず決壊し、774人が最低でも犠牲になった。


これが「入鹿切れ」と言われるものなんですが、こういった歴史的災害もまた、
心霊スポットとしてなった原因でもあるかなと思います。


あと、この大雨を起こさせたことに関係ありそうなものがあり、
5月に尾張富士に、


「やろかやろかやろか」


と叫ぶ人が居て、それに対して答えるように


「いこさばいこせ」


と言った人が居て、
それによって大雨が降りだし、結果この「入鹿切れ」が起きてしまったらしい。


歴史の中での話とはいえ、本当にそんな事が原因で起きたなら、
自分達で雨を降らせることが出来てしまうという事ですよね・・・

入鹿池の水を抜いたら白骨遺体が出てきた

骸骨

池の水を抜く時があり、全部抜いたら白骨遺体が発見されたそう。


これは恐らく、入鹿切れで亡くなった方々の骨なのでしょうかね?


1868年の堤防決壊から100年以上先の話になるので、
別の要因で亡くなった方の可能性もあります。


入鹿切れで亡くなった方々を供養する「北向き地蔵」もあります。


2018年に、入鹿切れが起きてから150年経つという事で、
興禅寺で、犠牲者の慰霊と、被害を後世に語り継がせるための慰霊祭が行われました。

入鹿池に行ってみました

ライトに照らされる橋

かれこれ7年前くらいになるんですが、夜中にドライブがてら、ここに調査で来ました。


その際は、友人の話では、幽霊は全然居ないし、感じるものがない。


あれ?じゃあただの噂で出来た心霊スポットなのか?


と思いましたが、入鹿池にある、赤い橋を通ったら、


「あー、ここは居るね。しかも、あまり良くない霊。多分女」


と言いました。


となると、実際にあった、女子高生の飛び降り自殺の霊である可能性が高い。


赤い橋に来ると雰囲気が変わるので、気を付けた方が良いそうです。
下手すると、誘われて橋から飛び降りてしまうかもしれません。


あとは、入鹿池の周りにある、御嶽山寺の前を通ると、車を停められるスペースがあるのですが、


そこにお地蔵さんが居ます。


何故そんなところに?


という感じですが、色々飲み物が置かれている事から、定期的に手入れがされていると感じます。


これも入鹿池の亡くなった方の為の供養目的で置かれたのかな?


いずれにしろ、これ以上ここで亡くなる方が増えない事を願います。

最初のコメントをしよう

必須