心霊スポット【静岡】日本平パークウェイの歩道橋(跡地)は事故が原因で建てていない

日本平

記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/

静岡県静岡市駿河区古宿にある日本平パークウェイの山道の中にある歩道橋で、誰がいつ何の為に建てたのかが、はっきりした理由が分かっていないというのが不思議な場所です。

因みにですが、現在は解体して無くなっています。(去年度の冬に調査した際に判明しました)

【住所】 静岡県静岡市駿河区古宿 日本平パークウェイ

この場所の噂

この歩道橋が建てられたのは、ある子供が、この場所を渡る際に車に轢かれて事故に遭い、亡くなってしまいました。そしてその子供を持つ親が、同じ事故が起きないように願って、この歩道橋を建てるように言い、その歩道橋が出来た結果、その亡くなった少女が霊として目撃されるようになった。

調査した結果

先ほども書いたように、今は歩道橋は解体され、その姿は無くなりました。

その亡くなった少女がホントにそこに霊として居たのかに関しては分かりませんでした。しかしその代わりに、その歩道橋があった場所のすぐ近くに、慰霊碑のような小さい石が置かれていました。

 

実は3年以上前にも別の友人と2人でこの場所に来たのですが、その時はまだ歩道橋はありましたが、この石に関しては見ていないので、元からあってその際にたまたま気付かなかったのか、それともその歩道橋が無くなった際に代わりに石が置かれたのかは分かりません。(もし知っている方がいらっしゃいましたら教えて頂けると幸いです)

 

そしてこの石についてですが。

友人によると、この山道自体は特に悪いものは感じないとの事ですが、その代わりにこの石の前を通ると頭痛が起きるそうで、そう考えるとこの石には何かしらの力が働いてるのは間違いないと思いますね。

まとめ

この歩道橋は解体されてしまった為、噂の真実は分かりません。ですが著者自身の見解として、この歩道橋に関しては恐らく少女が事故に遭って亡くなり、その親が歩道橋を建てるように言ったのはデマだと思います。

 

何故ならそれを理由に歩道橋を建てると言って実際に動くかと言われれば、正直無理だと思います。この山道で且つそんなに人が来るような場所ではない為(車は走り屋とかが結構来ているようですが)、わざわざお金を掛けてその理由だけで建てるとは到底思えません。

 

ですが、この歩道橋があったすぐそばに、昔キャンプ場が存在していた為、その場所に安全に向かえるように建てて、それの為に利用されていたのではないかと推測でき、その方が信憑性はあると思います。

 

石に何かしらの力が働いてるのは間違いないですが、だからといって特にそれによって何かがその場所で起きるような場所ではないと推測できます。

 

しかし、このパークウェイの道自体に関しては走り屋が多かったりバイクが良く走りに来るようで、それによる事故が頻繁に起きていて、実際に亡くなってる方が何人か居るそうです。

 

なので心霊的なものは無くても、事故そのものは起きる可能性があるため、走る際は十分に注意されてください。

 

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります

  1. アバター
    Nanashi has No Name

    1968年に静岡鉄道が建てたものです。キャンプ場から山道に入るための歩道橋でした。
    この付近で実際にあったという交通事故との因果関係は全くありません。
    こういう噂話から都市伝説化されてタルパが発生するわけですね。