心霊スポット【静岡】錦ヶ浦は自殺スポットだがトンネルもヤバイ

錦ヶ浦

この記事を読む前にhttps://uidhibiasudhiu.com/kanarazu-yome/


錦ヶ浦は、自殺スポットとして、静岡県ではあまりにも有名な場所になります。


自殺スポットと言われると、よく青木ヶ原樹海(富士の樹海とも)が出てきますが、あれは山梨県なので静岡県ではございません。間違えないようにしてください。


断崖絶壁という事で、テレビや映画の撮影でも良く使われる定番の場所でもあったりします。

【場所】 静岡県熱海市熱海1993−65

この場所での噂

この錦ヶ浦では、自殺者が500人以上いるとされ、断崖絶壁である事で、ほとんど遺体をあげる事が出来なかったとされる。


そしてこれだけの自殺者が出てしまっている現状から、その怨念が数多くこの場所には残っているのだろう。


霊的な噂として、


①波の音と一緒に女性の悲鳴が聞こえてくる。

②崖下の海面に自殺した親子の霊を見た。

③ダイバーがアワビやサザエをたくさん取った後、調理しようとしたら、サザエの中から真っ黒な髪の毛のようなモノが出てきた。

④心霊写真がとにかく多く撮れる。

⑤更なる自殺者を呼ぶ声が聞こえる。

⑥親子で無理心中をし、亡くなったその子供たちが母親を探している。


更に、すぐ近くにはトンネルがあり、この場所でもの噂がある。


①女性がトンネルの真ん中に立ち尽くしていた。

②深夜にも関わらず、子供がトンネルの中で遊んでいた。


錦ヶ浦という場所だけでも、これだけのが飛び回っている。


中でも子供に関する噂が際立っているように見える。実際にその子供が関係した怖い話が存在する。


若いカップルが錦ヶ浦のトンネルへ車で夜中に訪れた際に、5.6人の子供がトンネル内で石積みをして遊んでいた。


しかし、時間は夜11時。当然こんな時間に遊んでいる訳がない。


しばらく車内で見ていると、1人の子供が、


一緒にやろう。


と言ってきた。だが、あまりにも不気味だったので行かなかった。


そして、そうこうしているうちに、1人の子供が笑った。


しかしその顔はまるで口が裂けんばかりの形相で、あまりの恐怖に運転手の彼氏が我に返った後、猛スピードでバック走行をして、子供たちにどんどん叩かれつつ追いかけられながらも、必死にトンネルから出る事が出来た。


トンネルから脱出した後、子供たちは追いかける事は無かった。


そして、


ちっ、あと少しだったのに


とつぶやいた。


この時に捕まると、車ごと崖に突き落とされるという。


と言うような、他にも子供に関係した話が多くある。

実際はどうなの?

累計500人以上が、この崖で自らの命を飛び込みによって亡くなっているとされます。


人が亡くなる時、最もが残りやすいとされるのは、自殺。


自殺する時というのは、色んな想いがあって、生きる事がこれから続けるのが辛いから、自ら死ぬことを選びます。


当然そうなれば、そこに強く念が残るというのは、言うまでもありませんよね。


そしてこういった時、地縛霊としてその場に残る場合がほとんどです。


更なる自殺者を呼ぶかのような現象に遭うのは、この地縛霊の仕業が大半。


普通の霊は下級霊と呼ばれ、また浮遊霊とも呼ばれることが多いのですが、こういった霊は、実はさほど危険ではないのです。


ですが、地縛霊の場合は全く別で、逆に危険な存在です。その場に来たものに対して怒りを表したり、今回のような同じ自殺者を増やそうと誘い込むので、マジでヤバイ。


心霊写真で一番写ってはいけない、赤い光が写る事があって、それは霊が怒っているという証拠ですが、これもまた地縛霊によるものなのです。


そしてこの場所は自殺が多いにも関わらず、柵が低いという状況なので、飛び降りるつもりは全くないのに、運悪く落ちて亡くなってしまった人も居るようです。

注意した方が良い事

先ほども説明したように、柵が低く、ちょっと崖下を見ようとするだけでも、足がすくわれるので、昼間に観光で来た場合でも十分に気を付けてください。


万が一落ちた場合、ここに強い念を残す地縛霊の方々と、共に生活することになってしまいますので。

最初のコメントをしよう

必須